レノボジャパン、デュアルディスプレイを搭載したノートPC「Yoga Book C930」国内発売へ 価格は12万4800円から

10月4日、レノボ・ジャパン株式会社デュアルディスプレイを搭載した10.8型ノートPC「Yoga Book C930」の国内販売を開始することを発表した。価格は124,800円(税別)から、10月12日からWebでの予約販売を開始する予定。

レノボ・ジャパン、「Yoga Book C930」の国内販売を開始へ

「Yoga Book C930」は、今年8月に開催された「IFA 2018」で発表されたレノボの新製品。高精細IPS液晶とE-inkのデュアルディスプレイを搭載したモバイル2in1 PCになっていて、E-inkディスプレイにキーボードが表示され、表示を切り替えることでメモを取ったり、電子書籍を読んだり、イラストを描くことが可能だ。

キーボードとして利用する際は、タイピング時のフィードバックが強化。キーを押した際のバイブレーションや音、アニメーションにより、物理キーを押したような感覚が得られるという。キー配列はクラシックレイアウトと、全体的なキートップが大きいモダンレイアウトから選ぶことができ、キー配色もホワイトとブラックの2色から選択可能だ。またユーザーのタイピングのクセを学習し、最適なタイピングをサポートする。

メモやイラストは自由に書き込むことができ、入力中に自動保存される仕組み。Lenovo Precisionペンは、ワコムAES方式で筆圧4096段階、傾き検知に対応。快適なペン入力が行える。ペンには磁石が内蔵されており、天板に貼付けておくこともできる。

OSにはWindows 10、CPUにはIntel Coreプロセッサーが搭載で、PCとしても十分なパフォーマンスと使いやすさ。物理的なキーボードを持たないためタブレット並の薄型軽量を実現し、レノボの得意とする360°ディスプレイが回転するスタイルと相まり、PCからタブレットまで様々な形態に変身する個性的なマルチモードのモバイルデバイスとなっている。

搭載される各種ポートはUSB-Cポートx2、microSDカードスロットx1、microSIMスロット(LTEモデル限定)x1。2MピクセルのWebカメラが前面に搭載されており、ビデオ通話が可能。Bluetooth 4.2をサポートし、IEEE 802.11ac規格の無線LANに対応する。バッテリー起動時間は約11時間で、LTEモデルは10時間駆動となっている。

「Yoga Book C930」は、今月12日から注文受付が開始されるとのこと。配送は11月上旬に開始される予定だ。製品詳細はこちらから確認を。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。