PCIe 4.0対応M.2 SSD 「Lexar Professional NM800」 レビュー | 最大読み込み速度7,000MB/sを実現、PS5にも使用可能

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

フラッシュメモリ製品を販売するLexarは、PCI Express 4.0 (以下、PCIe 4.0) に対応したM.2 SSD 「Lexar Professional NM800」 を販売している。

本製品の特徴は、最大転送速度7,400MB/sを実現していること。超高速でデータ転送を行えるため、PCIe 4.0対応PCやPS5などへの換装・増設にオススメだ。

今回、国内の広報代理店であるCyberMedia Japanから 「Lexar Professional NM800」 をご提供いただいたので、性能をチェックしてみた。M.2 SSDの購入を検討している人は参考にしていただきたい。

PCIe 4.0に対応した爆速M.2 SSD 「Lexar Professional NM800」

「Lexar Professional NM800」 には512GBモデルと1TBモデルが用意されており、今回は512GBモデルを提供いただいた。

最大転送速度は読み込み(Read)が7,000MB/s、書き込み(Write)が3,000MB/s。一般的に販売されているM.2 SSDと比べると、書き込み速度が少し遅めだが、読み込み速度はかなり速い部類に入る。ゲーミング用途での使用を考えている場合、相性は良さそうだ。

Lexarによると、本製品は強力なLDPC(低密度パリティ検査)訂正エンジンの搭載により、高いデータの信頼性と高速性を両立しているという。また、12nmプロセスで製造される最新のコントローラを採用したことで、省電力性にも優れる。ノートPCなどのバッテリー駆動時間が気になる製品への搭載にも安心だ。

注意点としては、今回レビューに使用したモデルはヒートシンクが付属しないこと。PS5に取り付ける場合は別途ヒートシンクが必要になるため、あらかじめ用意しておくようにしよう。PS5への詳しい取り付け方法については、PlayStationサポートを確認していただきたい。

早速取り付けて転送速度を計測してみた。PCIe 4.0に対応したゲーミングノートPCで計測してみたところ、読み込みが6,884MB/s、書き込みが2,907MB/sとなり、公式で公開されている転送速度とほぼ同じくらいの速度が実現できていた。

Read (読み込み) Write (書き込み)
6,884MB/s 2,907MB/s

実際にPCゲームのゲームデータを 「Lexar Professional NM800」 に移動してゲームを起動してみたところ、ロード時間が軽減され、かなり快適にゲームをプレイできることが確認できた。

また、品質の低いSSDでは転送速度にばらつきが出ることがあるが、本製品は日を改めて何度か転送速度を計測してみてもほとんど安定した数値が出ていて、ゲームプレイ中に突然ロード時間が長くなるという現象に遭遇することもなかった。安心してお使いいただけるのではないだろうか。

ちなみに、今回試用したのは512GBモデルだが、1TBモデルになると、公式スペックでは最大読み込み速度が7,400MB/s、最大書き込み速度が5,800MB/sとなり、主に書き込み速度が大きく向上する。もし3DCG制作や動画編集などのクリエイティブ用途での増設を検討しているなら、1TBモデルを購入することをオススメする。

今回使用したヒートシンク

本製品は、スペック上はPS5に使用できるM.2 SSDの要件を満たすことから、筆者が所有するPS5にも取り付けて検証してみた。

前述のとおり、PS5に取り付ける場合は別途ヒートシンクが必要になる。AmazonなどでPS5に適したヒートシンクが多数販売されているため、お好きなものを購入していただきたい。

参考として、今回筆者はElecGearのPS5用ヒートシンクを取り付けてみた。PS5のM.2 SSDの拡張スロットへの取り付け方は、付属する説明書などを確認していただきたい。

無事に取り付けが完了したら、PS5を起動。SSDをフォーマットするかどうか聞かれるため、フォーマットするを選択して少しだけ待つと使用できるようになる。

フォーマット完了時には自動で読み込み速度が計測され、今回は4,570MB/sと表示されていた。先に計測したゲーミングノートPCでは6,884MB/sだったため、PS5に取り付けたときは速度がかなり低く出たことになる。

PS5のM.2 SSDの要件では、読み込み速度は5,500MB/s以上が推奨とのことだったため、残念ながら 「Lexar Professional NM800」 の512GBモデルは推奨スペックを満たすことができないという結果になった。

ただし、「Lexar Professional NM800」 と推奨スペックを満たす他のM.2 SSD (読み込み速度は約5,600MB/sと表示) とでゲーム内での読み込み速度を比較したところ、理由は不明だがほぼ変わらないくらいの読み込み時間を実現していることが分かった。

実際にいくつかゲームを遊んでみたが、どのゲームでも読み込みに関して大きな遅延を感じることはなかったため、本製品でゲーム体験が損なわれることはないものと思われる。もし心配なら、読み込み速度が速い1TBモデルを購入するのも手だ。

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。