LG、20段階に折曲げできる42型有機ELテレビ 「LG OLED Flex」 1月18日に発売。実売予想は44万円

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

12月1日、LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社は、20段階で曲率調整できる “自由に曲げられるテレビ” として42 インチ有機ELテレビ 「LG OLED Flex」 を発表した。

価格はオープン、予想実売価格は44万円前後。本日より予約受付を開始しており、発売は2023年1月18日(水)を予定している。

LG OLED Flexは、平面から最大900Rの曲率まで20 段階で曲率調整ができる有機ELテレビ。バックライトのない有機ELディスプレイを使用したからこそ実現した製品となっていて、画面の曲率や高さ、角度も画面サイズまで、自由に調整ができる全く新しいテレビとしてLGはアピールする。

たとえば家族/仲間と楽しむときは、画面を平面にしてすこし離れた場所から視聴。画面から近距離でゲ ームを楽しむときは、最大曲率900Rで没入感を楽しむなど、視聴距離や設置場所、コンテンツにあわせて、最適な視聴環境で楽しむことができる。

平面から曲面まで自由に曲率を変えられるテレビはLGとして初の試み。高さは140mm、チルト(前後角度調整)は前10°~後ろ5°の傾斜調整が可能。ゲームジャ ンルや好みによって画面サイズを 27、32、42 インチに変えながらプレイでき、FPS や RTS など、 全体画面を一目で見たいゲームにも最適。

OLED evo テクノロジーに搭載されたLG独自の映像エンジン 「α9 Gen5 AI Processor 4K」 と、最先端の映像アルゴリズムとの組み合わせにより、従来の有機ELテレビに比べて、高輝度・高純度な色を再現。地上波放送はもちろん、映像配信コンテンツも究極の没入感で 視聴することができる。

さらに、ゲーミング機能も充実しており、4KのHFRに対応。通常の2倍にあたる最大秒間120フレーム(120Hz)での表示が可能。応答速度は0.1msと、高度な映像もくっきりと表示することができ、レースゲームなど画面の切り替えが速いシーンでも残像感が少なく、スピード感あふれるゲ ーム映像が楽しめる。

また、ボイスチャットの声を明瞭に伝えるエコーキャンセリングマイクを内蔵していたり、筐体背面には、カラフルな色再現が可能な LED ライトティングが施されるなど、様々な機能を搭載しているのも本製品の特徴となる。

「LG OLED Flex」 の価格はオープン、予想実売価格は44万円前後。本日より予約受付を開始しており、発売は2023年1月18日(水)を予定している。

▼ 「LG OLED Flex」 を各ストアで購入する
ヨドバシカメラ
ビックカメラ
コジマネット

(画像提供:LG)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。