LG Styler新モデル 「S3GNF/S3BNF」 7月1日から順次発売。マットガラス素材を使用した空間に溶け込むデザインが特徴

LGエレクトロニクス・ジャパンは、スチームウォッシュ&ドライ 「LG Styler」 の新モデル 「S3GNF」 「S3BNF」 を発表した。

価格はオープンで、想定実売価格は255,000円前後(税込) 。7月1日から順次発売を予定している。

デザインにこだわったLG Styler新モデル 「S3GNF/S3BNF」

(画像:LGエレクトロニクス・ジャパン)

「LG Styler」 は、衣類や小物についたニオイやシワ、花粉やダニなどを落とし、リフレッシュできるLGの家電製品。海外で展開がはじまり、日本では2017年よりズボン折り目ケアなどの機能を搭載した 「トータルケアシリーズ」 と、使用頻度の高いコースのみを厳選して価格を抑えた 「シンプルケアシリーズ」 の2種類が展開されている。

この度発売となる 「S3GN/S3BNF」 は、上位モデルの 「トータルケア」 シリーズの最新モデルで、ハンガーで最大3着+パンツ1着の衣類を一度にケアすることが可能。

カラーは 「S3GNF」 がミストグリーン、「S3BNF」 がミストベージュで、「S3BNF」 のみ販売店限定モデルとなっている。

(画像:LGエレクトロニクス・ジャパン)

本製品の最大の特徴とも言えるのが、空間に調和するインテリアフィットデザインが採用されたこと。ドアの素材にはマットガラスが採用されていて、空間に溶け込む色や質感を表現しつつも、指紋がつきにくい素材でお手入れしやすいという利点も兼ね備えている。

本体側面も高級感のあるマットブラックを採用し、従来のホワイトよりもシャープな印象に。こちらもマットガラス素材になっていて、指紋がつきにくくなっている。

(画像:LGエレクトロニクス・ジャパン)

ドア部分には操作パネルが搭載されていて、タッチしてコースなどを選択する。従来まではコース名などの印字が常時見える仕様だったが、新モデルは通常時にはパネルの印字が消え、操作時のみ表示される仕様になったことで、スッキリとした見た目に。

LG Stylerは 「LG ThinQ」 アプリから自分好みのコースを追加でダウンロードして利用できるが、従来モデルでは操作パネルで選択できるダウンロードコースが1つのみに限られていた。新モデルでは、操作パネルのダウンロードボタンをタッチする回数によって、最大5つのダウンロードコースを切り替えられるようになり、衣類の素材や悩みに合わせて、より専門的なコースを選べるようになった。

また、従来までダウンロードコースとして提供されていた 「花粉ケアコース」 と 「シルクケアコース」 は、ユーザーからの好評を受けて標準コースとして搭載されるように。操作パネルにボタンが追加されたことで、より簡単にコースを選択できるようになった。

新モデル 「S3GNF」 「S3BNF」 の価格はオープンで、想定実売価格は255,000円前後 (税込) 。国内では7月1日から順次販売開始となる。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。