AirPods Maxは有線接続が可能。Lightning – 3.5mmオーディオケーブルで飛行機のオーディオシステムにも利用可

12月8日、Appleはオーバーイヤー型ワイヤレスヘッドホン 「AirPods Max」 を発表した。同製品は、iPhoneやMacなどのデバイスとワイヤレスで接続して利用することを前提に作られた製品だが、Beatsのヘッドホンと同様に有線での利用も考慮されていることがわかった。

「Lightning – 3.5mmオーディオケーブル(1.2m)」 にホワイトモデルが追加

Lightning – 3.5mmオーディオケーブルの 「互換性」 部分に記載あり

「AirPods Max」 の公式販売ページを確認すると、本機にはLightning端子が搭載されているという。また、Apple公式サイトで販売されているLightning – 3.5mmオーディオケーブルが利用できる旨も記載されていることから、3.5mmオーディオジャックが搭載されたデバイスと有線で接続することができることになる。

この機能があれば飛行機のオーディオシステムに有線で接続可能。また、自宅でBluetooth接続に対応していないオーディオデバイスなどと接続することが可能だ。

ちなみに、Lightning – 3.5mmオーディオケーブルは以前から販売されている商品になるものの、新カラーとしてホワイトが追加されている。価格は4,180円(税込)とケーブル一本の価格としてはやや高価ではあるが、必要な方はぜひご購入いただきたい。

関連記事
Apple、同社初のオーバーイヤー型ヘッドホン 「AirPods Max」 正式発表。本日から予約受付スタート

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。