2018年発売の新型iPhoneには「Lightning – 3.5mmヘッドフォンジャックアダプタ」が同梱されず?

adapt-iphone72

「iPhone 7 / 7 Plus」や「iPhone 8 / 8 Plus」「iPhone X」では、従来まで存在していた3.5mmヘッドホンジャックが廃止されており、これらの端末で有線イヤホンを使うためには、「Lightning – 3.5mmヘッドフォンジャックアダプタ」が必要不可欠だった。

このアダプタは、上記のiPhone購入時に同梱されてくるアクセサリなのだが、2018年発売のiPhoneからはこのアクセサリが同梱されなくなるかもしれない。

BarclaysのアナリストBlayne Curtis氏らは、9月に発売予定の新型iPhoneには「Lightning – 3.5mmヘッドフォンジャックアダプタ」が同梱されないと予想している。

新型iPhoneには「Lightning – 3.5mmヘッドフォンジャックアダプタ」が同梱されない?

Lightning – 3.5mmヘッドフォンジャックアダプタ」が同梱されない理由については、AirPods」やその他のワイヤレスイヤホンが普及するにつれ、アダプタを同梱する必要性がなくなったからであるとのこと。

Barclaysのアナリストらによると、このアダプタが新型iPhoneに同梱されるか否かは5月か6月までに特定できるという。

もし新型iPhoneに「Lightning – 3.5mmヘッドフォンジャックアダプタ」が同梱されなかった場合、有線イヤホンを使い続けたいユーザーは、Apple公式サイトやApple Storeなどで別途アダプタを購入するほかなくなるだろう。

Apple公式サイトでは900円(税別)で販売されている同アダプタだが、これまで同梱されてきたものがなくなるとなれば、一部のユーザーからは反発もありそうだ。

ちなみに、Blayne Curtis氏は過去にも「Lightning – 3.5mmヘッドフォンジャックアダプタ」の同梱について触れており、昨年4月の時点では「2017年のiPhoneにはアダプタが同梱されるが、2018年発売のiPhoneからは同梱されない」と予想していた。

実際に、2017年のiPhoneにはアダプタが同梱されたことで、見事に予想を的中させたBlayne Curtis氏だが、果たして2018年は予想通り同梱されないのだろうか。5月か6月までには同梱されるか否かが判明するとのことなので、まずはその報告を待とう。

[ via 9to5Mac / MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。