LINE、トヨタのナビ基盤とClova Autoを統合したアプリケーションを開発 2019年春以降に正式リリースへ

10月15日、LINE株式会社は、トヨタ自動車株式会社のナビゲーション基盤と「Clova Auto」を統合した新しいスマートフォン向けアプリケーションを開発していることを明らかにした。

「Clova Auto」は、今年開催された「LINE CONFERENCE 2018」で発表された、AIアシスタント「Clova」の新機能。車載器と「Clova」を連携させることで 「Clova」を車内で利用できるサービスだが、トヨタとの連携によってナビゲーション基盤との統合が行われた結果、目的地検索やカーナビゲーション機能も利用できるようになる。

例えば、「ねぇClova、 東京タワーまでの行き方を教えて」「東名高速道路の渋滞情報を教えて」など、経路検索や渋滞情報を教えてくれるようになるという。また、今回の連携によって、 「Clova Auto」 はドライブをしながら家の電気を消す、目的地の天気を調べる、LINEメッセージの送受信といった操作が音声コントロールでできるように。

トヨタのナビゲーション基盤は、 膨大な交通情報から、より短時間で到着する最適なルートを探索し、通信圏外や案内されているルートから逸脱した際のリルートなど、速い応答性が要求されるときはローカルのルート探索処理に切り替えるハイブリッドナビゲーションシステム。ユーザーの走行情報から生成した独自のプローブコミュニケーション交通情報を基に道路状況を予測し、より短時間で到着する最適なルートの提供が可能だとのこと。

「Clova Auto」アプリは2019年春から提供を開始予定。さらに、ナビゲーション機能は2019年夏から利用可能になるとのことだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。