LINE MUSIC、5,900万曲を無料でフル再生可能に。広告なしのフリーミアムモデル導入

1月20日、LINEの音楽配信サービス 「LINE MUSIC」 は2020年の大型リニューアルの第一弾として、以前に告知していた独自フリーミアムモデルを導入した。

今回のリニューアルによって、LINE MUSICは無料会員でも5,900万楽曲をフル再生できるように (ダウンロード購入限定曲は対象外) 。これまで無料会員は30秒までしか再生できなかったが、LINE MUSICのアプリがあれば最新楽曲も1曲まるまる音楽を聴けるようになる。さらに10万本以上の高画質MV(ミュージック・ビデオ)も再生可能。しかも、いずれも広告なしだ。

LINE MUSIC、無料会員でも月1回楽曲のフル再生が可能に

有料会員と無料会員にはちゃんとした差別化が設けられている。有料会員と無料会員が聞ける音楽の数自体は5,900万楽曲と違いはないが、聞ける回数は有料会員は無制限、無料会員は月に一度と制限がある

独自フリーミアムモデルを導入したLINE MUSICは、専用アプリ (iOS/Android) をダウンロードするだけで利用が可能だ。決済情報などの事前登録も必要としないため安心して使うことができる。

↑クリックで拡大

このフリーミアムモデルは2019年5月に発表したものだ。当初は2019年末リリースとアナウンスされていたため、導入がすこし遅れたかたち。ちなみに 「広告なし・登録なし・無料・全楽曲/MV」 のフル再生がオンデマンドで毎月できる音楽ストリーミングサービスは 「LINE MUSIC」 が日本初となる。

LINE MUSICは累計ダウンロード数3,200万を超える音楽配信サービス。サービス開始以降、順調にユーザー数が伸びている (主に若年層が強い) ものの、国内の音楽サブスク市場としての広がりには課題を感じており、この改善を目標としている。

LINE MUSICの有料会員は月額960円(税込)だが、2020年2月12日から月額980円(税込)に変更予定。同日までに加入すると月額960円(税込)で利用継続することが可能だ。また、学生向けには月額480円(税込)で利用できる学割プラン、家族向けとして月額1,400円(税込)で利用できるファミリープランも用意されている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。