LINE MUSICが大幅リニューアル。カラオケ機能やユーザーの視聴傾向にあった楽曲が楽しめる 「ステーション」 機能など実装

8月25日、LINEは同社の音楽ストリーミングサービス 「LINE MUSIC」 において、大型アップデートを実施したことを発表した。

大型アップデートでAIによる楽曲検索やカラオケ機能が追加

今回の大型アップデートは、無料で 「聴く・見る・歌う」 が楽しめる機能を拡張しながら、最新の音楽トレンドをまるごと楽しむことができる次世代の音楽サブスクリプションサービスとしてリニューアルするためのものであるとのこと。

最近の流行曲やヒットチャートがいち早くわかるランキングはそのままに、各ユーザーの視聴傾向からお気に入りの楽曲をユーザーひとりひとりに合わせてプレイリストを提案する 「今日のミックス」 や、知りたいと思った楽曲をアプリに聴かせると調べてくれる 「楽曲サーチ」 など、LINEのもつAI技術を活用した新機能を搭載した。

さらに最新ヒットチャートを聞いていて、お気に入りのメロディを口ずさみたくなった時に、いつでも歌えるよう 「カラオケ機能」 もiOSで先行実装した (Android版は2020年秋頃にリリース予定) 。

アップデートの内容は以下のとおり(以下、プレスリリース引用)。

【アップデート内容の詳細】
1) 「聴く」「見る」「歌う」が勢揃い!!!音楽をまるごと楽しめる!
新しくなった「LINE MUSIC」では、音楽を聴くだけではなく、お気に入りアーティストのミュージックビデオを見て楽しむ、お気に入りのメロディを口ずさんで楽しむ、といった遊び方が新たに加わり、そのときの気分に合わせて様々な音楽の楽しみ方ができるようになりました。

■ ユーザーの視聴傾向にあった楽曲が楽しめる「ステーション」「今日のミックス」「オートプレイ」
ユーザーの視聴傾向から、「楽しいとき」「恋するとき」など今の気持ちやムードに合わせた楽曲が聴けるラジオステーション型プレイリスト「ステーション」や、好みの楽曲をユーザー一人ひとりに合わせて毎日提案するプレイリスト「今日のミックス」で、新たな音楽との出会いをつくります。また、視聴している楽曲から好みの曲を自動再生する「オートプレイ」も搭載。

■『ビデオタブ』が新たに登場!!よりミュージックビデオが見やすく!
視聴傾向に合わせて、ユーザーごとにオススメのミュージックビデオを提案するようにアップデートしました。端末を動かすと画面が自動的に回転するので、横表示にすればフル画面でミュージックビデオやオリジナルビデオコンテンツを視聴いただけます。

■ 話題のヒットソングや懐かしの名曲を歌って楽しめる「カラオケ機能」
楽曲のボーカルをオフにして、ユーザーの歌声を音源にミックスして再生させることでカラオケさながらの体験を楽しめる機能です。ソニーの「音源分離技術」※1を利用することで、楽曲からボーカルだけを消すことが可能になりました。

この機能は無料ユーザーも有料ユーザーも全てのユーザーが、楽曲再生中の歌詞ページの左下にあるマイクボタンをタップするだけで楽しむことができます。※2
今後はカラオケした楽曲を友だちやSNSにシェアできる機能や友人と一緒にハモれる機能など、カラオケ機能のさらなるアップデートも予定しています。

※1:「音源分離技術」は、音楽からボーカルや楽器の音を取り出すことができる技術です。ソニーの「音源分離技術」は、音の特性を理解したAIを組み込むことで非常に精度の高い分離が可能となっています。この技術を使用し、分離した音源をRemixしたり、マルチトラック化することで新しい音楽を生み出すことが期待されています。技術詳細
※2:カラオケ機能には有線イヤホンが必要です。

2) 最新音楽トレンドをチェック!
「LINE MUSIC」はサービス開始から、<ランキング>タブにて「ソングTOP100」、「BGM&着うたTOP100」、「アルバムTOP100」といった、いま流行りの楽曲が楽しめる独自ランキングを日々公開。最近では新たに「ミュージックビデオランキング」も加わり今、流行っているミュージックビデオもチェックできるようになりました。
新たに登場した<ビデオタブ>は、最新のミュージックビデオだけでなく、ミュージックビデオのオフショットやトーク映像、アーティストからファンに送るコメント映像など、人気アーティストの様々な映像コンテンツに出会いやすくなっています。

3) 気分やシチュエーションに合わせて、UIや音質も自分好みにカスタマイズ!
新たに、ダークモードが加わり、ライトモード/ダークモードの2つのテーマから選択できるようになりました。
また、楽曲に合わせて好みの音質に調整できたり、友人のプレイリストやLINE MUSIC以外の音楽ストリーミングサービスのプレイリスト画面のキャプチャを取り込むだけでプレイリストを作成できるようになったりと、選択肢が増え自由度が上がりました。

■ ダークモード
背景カラーにダークモードを新しく追加し、その日の気分や天気、シチュエーションに合わせてライトモード/ダークモードの2つのテーマから視聴できるようになりました。

■ イコライザー
「ビート」「リラックス」「コンサート会場」など、楽曲に合わせて好みの音質に調整できるようになりました。

■ 楽曲サーチ(音声認識検索)
「いま流れているこの楽曲を知りたい」と思ったときに、端末に該当曲を聴かせると楽曲を見つけてくれる楽曲検索機能です。LINEのAI技術を活用し、楽曲検索がアプリ内でできるようになりました。

■ 簡単プレイリスト作成
AIテクノロジーブランド「LINE CLOVA」のOCR技術(光学文字認識)を活用し、LINE MUSIC以外のプレイリストの画面キャプチャからでも、簡単にプレイリストが作成でき、プレイリストのお引越しができるようになりました。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。