LINEが無料名刺管理サービス「myBridge」の提供を開始 スマホカメラで名刺の取り込み、連絡先に登録していない人からの着信でも名前表示可能

5月14日、LINEは名刺管理サービス「myBridge」の提供を開始したことを発表した。

myBridge」は「名刺は、わたしの力になる」をコンセプトに、 ビジネスにおいて切り離すことのできない名刺管理を、誰でも無料で簡単に利用することができる利便性を追求した名刺管理アプリ。スマホのカメラで名刺を撮影し、内蔵ストレージに名刺データを保存しておくことができる。

アプリを使って、スマホのカメラで名刺を撮影すると「文字認識技術(OCR)」と「オペレーターによる手入力」により、正確なデータ化が可能。1日あたりに入力できる名刺の枚数や入力項目に上限はないため、スマホのストレージ容量がいっぱいになるまで名刺を保存することができる。

また、名刺の共有が必要なときは、 「LINE」のトークやメールで登録した名刺を共有することができる。

また、同機能の最も便利な点は「myBridge」に名刺を登録すれば、連絡先を登録していない相手からの着信でも相手の名刺情報が表示される、ということ。さらに、登録した名刺情報をスマホやGoogleの連絡帳に保存することができ、Excelファイルのダウンロードも可能。忙しいビジネスマンにとって、とても心強い味方となりそうだ。

「myBridge」の特徴 

撮影するだけで名刺情報を正確にデータ化 
文字認識技術(OCR)とオペレーターによる手入力により、 名刺情報の正確なデータ化が可能です。 

全ての機能が無料 
1日あたり入力できる名刺の枚数や入力項目に上限はなく、 すべての名刺管理機能が無料です。 

いつでもどこでも簡単に名刺情報の検索が可能
名前・会社名・部署・役職などのキーワードで、 必要な時に名刺情報をすばやく簡単に検索できます。 

スマートフォン着信時に名刺情報を表示
スマートフォンに連絡先を登録していない相手でも着信時に登録した名刺情報が表示されます。 

他の連絡帳サービスへの保存・Excelファイルのダウンロードが可能
登録した名刺情報をスマートフォンやGoogleの連絡帳に保存でき、 Excelファイルに一括してダウンロードができます。 

暗号化された個人情報とセキュリティ対策
オペレーターによる手入力の際、 誰が名刺をアップロードしたのか分からない状態、 かつ、 項目別に分割して名刺情報を入力します。 そのため、 誰が誰の名刺を登録しているのか知られることはありません。 また、 データを暗号化された状態で保存するなどのセキュリティ対策を実施しています。 

パソコンからも利用可能
アプリ内の名刺情報は、 PC版から閲覧・編集ができます。 

他社サービスの名刺データのインポートが可能
他社名刺管理サービスに登録したデータをインポートすることができます。

同サービスはiOSとAndroid端末で利用することが可能で、App StoreあるいはGoogle Playストアから無料ダウンロードが可能となっている。

Android版はこちらから

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。