LINEのモバイル投資サービス 「LINEスマート投資」、本日からサービス開始

10月18日、LINE Financial株式会社と株式会社FOLIOは、LINEアプリから投資ができる「LINEスマート投資」のサービス提供を開始したことを発表した。

「LINEスマート投資」がサービス開始

「LINEスマート投資」は投資初心者の方でも簡単に利用できる、新しいモバイル投資サービス。日本初のテーマ投資型オンライン証券会社であるFOLIOが提供する、次世代型投資サービス「FOLIO」を基盤と、「LINE」アプリのウォレットから簡単にアクセス・資産運用が可能だ。

1株から取引できる「単元未満株取引」を導入しており、10社から構成されるテーマに少額分散投資が可能。テーマはトレンドやユーザーの嗜好に合わせて、「ドローン」や「ガールズトレンド」 「VR」 「コスプレ」など様々なジャンルを用意。

テーマはローンチ時点で70種類用意されており、個別銘柄の専門的知識がなくてもプロが厳選したテーマで投資ができる。ちなみに、個別銘柄に投資するのではなく、複数の銘柄に分散投資することになるため、株価の変動リスクを抑えることができるとしている。

売買に発生する手数料は、銘柄ごとに売買代金の0.5%(税抜・最低手数料50円)と、単元未満株取引としては業界最低水準(単元未満株取引を扱うネット証券大手4社と比較し、1銘柄あたりの約定代金が1万円以上の場合と比較)となっている。

今回正式にサービスが開始された「LINEスマート投資」だが、今後は簡単な質問に回答するだけで、低コストで最適な資産運用ができる「おまかせ投資」サービスの提供や、「LINE Pay」との連携によるスムーズな資金決済など、両社のテクノロジーを用いて未経験者や初心者がより分かりやすく、資産づくりを始めやすい仕組みづくりを行っていく予定。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。