LINE MUSICが大型アップデート フリーミアムモデル 「ONE PLAY (仮)」 も提供へ

6月27日、LINE株式会社は事業戦略発表会 「LINE CONFERENCE 2019」 を舞浜アンフィシアターで開催。同イベント内で 「LINE MUSIC」 の大型アップデートを予定していることを明らかにした。

「LINE MUSIC」 のアップデート内容は、大きく分けると3点に及ぶ。

アップデート内容

  • 独自の音楽フリーミアムモデル 「ONE PLAY (仮)」 の実装 提供開始:2019年内
  • UIをよりスタイリッシュに、AIを活用した楽曲レコメンドを実装提供開始:2019年秋
  • 話題のミュージックビデオを楽しめる 「MUSIC VIDEO」 ―提供開始:2019年夏

独自の音楽フリーミアムモデル 「ONE PLAY (仮)」 の実装

今回の発表の最大の目玉とも言える、独自の音楽フリーミアムモデルの実装について。

フリーミアムとは、フリー(無料)とプレミアム(割増)のふたつの要素を組み合わせたビジネスモデルを指すが、LINE MUSICの音楽フリーミアムモデル 「ONE PLAY (仮)」 は、誰でも5,400万楽曲が無料で聞けるというものになる。

これまで30秒でしか聞けなかった非課金ユーザーでも、今後はフルで楽曲を聴くことが可能になる。一度音楽を聴くとフル視聴できなくなるが、一定期間経つと再び聴くことが可能になるという。

友だち同士の会話で登場した楽曲や、話題の楽曲を聴きたいと思ったときに、すぐ音楽を聴くことができる。LINE MUSICで音楽を聴くことに対してよりオープンになることで、LINE MUSICの有料プランを利用しようと考えるユーザーが増えるきっかけになるかもしれない。提供は2019年内を予定している。

スタイリッシュなUI、AIを活用した楽曲リコメンド機能

LINE MUSICは提供開始から4周年を迎えることもあり、UIの大型アップデートを予定している。

好みや時間に合わせて背景の色が選べるダークテーマが利用できるようになるなど、よりスタイリッシュなUIが選択できるようになる。

また、音質調整やイコライザー機能を追加するなどいくつかの新機能も用意されている。

ユーザー個人の最適化を図るため、好みに合わせたジャンル・ムード別のデイリー更新型プレイリストやシチュエーション・ジャンルをテーマに自動再生するラジオ機能も搭載。

さらに、今後はAIとの連携を強化し、OCR技術を活用した簡単プレイリスト移行機能やVOICE Searchも実装予定だという。

これらの機能の提供開始時期は2019年秋を予定している。

話題のミュージックビデオを楽しめる 「MUSIC VIDEO」

最後は 「MUSIC VIDEO」 機能。同機能は話題のミュージックビデオを視聴できる機能で、音楽だけでなく人気アーティストの映像も楽しめる。

音楽を聴いていて気になったアーティストのミュージックビデオを、そのままLINE MUSICで視聴することが可能だという。

提供開始時期は2019年夏を予定している。


LINE MUSICは2019年6月11日でサービス開始から4周年を迎えるが、MAU (月間アクティブユーザー数) は約1,100万人、アプリのダウンロード回数は3,200万回を突破したという。LINE MUSICの過去4年間の成長はこちらのプレスリリースから確認していただきたい。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。