LINE Pay、2020年内にApple Payに対応。コロナ禍における非接触需要の高まりを受けて

9月10日、LINEはオンラインカンファレンス 「LINE DAY 2020」 を開催。同社の提供するキャッシュレス決済サービス 「LINE Pay」 がApple Payに対応することを発表した。

Line Payが2020年内にApple Payに対応

LINE PayはすでにGoogle Payにおける 「かざして決済」 をサポートしているが、新たにApple Payをサポートすることで、iPhoneやApple Watchでも決済端末に “かざす” だけで決済できる非接触決済が利用できるように。

Apple Payへの対応は2020年内を予定。同非接触決済が導入されることで、LINE PayはQRコード決済、クレジットカード、プリペイドカード、かざして決済など、現在普及するすべての決済サービスで利用できるようになる。

この対応は新型コロナ感染拡大の中で出てきた非接触決済の需要の高まりを受けたものだが、LINE Pay代表取締役の長福久弘氏は 「サービス開始当初から目指していた非接触対応が完成する」 とし、当初計画を実現できたことをアピールしていた。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。