Linksys、メッシュWi-Fiシステム 「Velop」 にモーションセンシング機能 Linksys Aware を追加へ 自宅内の見守り・防犯が可能に

10月15日、ベルキン傘下のLinksysは同社のメッシュWi-Fiシステム 「Velop」 のトライバンド製品に、Wi-Fiセンサー技術を応用したモーションセンシング機能 「Linksys Aware」 を実装することを発表した。

国内でのサービス提供開始は10月下旬を予定。「Velop」 のファームウェアと 「Linksys」 のアプリをアップデートすることで利用可能になる予定だ。

「Linksys Aware」 が10月下旬に国内でサービス開始へ

CEATEC 2019でデモが披露

「Linksys Aware」 は、米国Origin Wireless社と共同で開発したモーションセンシング機能。ネットワーク圏内にいる人の動きを感知し、外出時の自宅防犯や遠隔地からの高齢者やペットの見守り、お子さんの帰宅確認など、主に防犯・見守りサービスとして活用することができる。

人の動きは、「Velop」 から発されるWi-Fiの電波を利用して検知する。電波の反射を常にモニタリングし、独自のアルゴリズムで解析、検知した時はアプリを介してユーザーに通知することも可能だ。

モーション検知感度は1から12まで細かく設定できる。例えばカーテンの揺らめきや扇風機の首振りなど、設定次第では通知の必要のないモーション検知をスルーすることも可能だ。

また 「Linksys Aware」 の特徴として、同機能はWi-Fiネットワークを使用するためホームカメラなどのハードウェアを別途用意する必要がないというメリットがある。また、ルーターのネットワークが届く範囲であれば常にモニタリングできることから、自宅のほぼ全てのエリアをカバーすることが可能だ。

ただし、お風呂などやや電波の届きづらい部屋に関しては検知が難しいケースもあるため、場合によっては脱衣所などお風呂に近い部屋に 「Velop」 を置く必要はあるようだ。

「Linksys Aware」 の料金体系は月額300円または年額2,700円(税込)。登録後、90日間はトライアルとして無料で利用することが可能だ。サービス提供は10月下旬から、「Velop」 のトライバンド製品にて利用することが可能だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。