Linksys、Wi-Fi 6対応のメッシュWi-Fiルーター2機種 「MX4200」 「MR7350」 2月26日発売。本日から予約開始

2月19日、ベルキン傘下ブランド 「Linksys」 は、新型メッシュWi-Fiルーター 2機種4型番を2月26日(金)に発売することを発表した。本日より、Amazonなどで予約受付を開始している。

今回発表された 「MX4200」 「MX1800 (MR7350)」 は、どちらもLinksysの独自メッシュ技術 「Intelligent Mesh」 に対応した上位モデルのWi-Fi 6ルーターだ。

Velop AX4200 トライバンドメッシュWi-Fi 6システム (MX4200)

MX4200」 は、速度最大4,200Mbpsのトライバンドに対応したWi-Fi 6ルーターだ。ひとつのノードで接続できる範囲は最大185平方メートル。クアッドコアCPU(1.4GHz)、さらに9個の特殊形状アンテナを内蔵したことで、複数のIoTスマート家電を接続したり、8K動画の再生やオンラインゲームなどにおいて、広いエリアで安定した通信が可能だ。

搭載ポートは、1GbEのGigabit WAN×1とGigabit LAN×3、USB 3.0×1。ストレージ共有やデータ転送など様々な利用シーンで安定した接続が可能だ。

メッシュWi-Fiルーターは、複数台のルーターを使ってメッシュ(網)のようにWi-Fiの電波を張り巡らせることで、家中のどこにいても安定した通信を可能にするという技術。

難しそうに感じるかもしれないが、構築はとても簡単。「Linksys」 アプリがスマートフォン向けに配信されており、そのアプリの中で簡単にセットアップが可能になっている。そのほか設定の変更やセキュリティの状況なども簡単にできる。

本製品は1個パック(MX4200) をはじめ、2個パック(MX8400)、3個パック(MX12600) が販売される。価格はそれぞれ27,436円(税込)、52,636円(税込)、73,709円(税込)。発売は2月26日(金)を予定しており、本日から予約受付が開始されている。

Linksys MAX-STREAM メッシュWi-Fi 6ルーター (MR7350)

今回発表された2つのメッシュWi-Fiルーターのうち、もうひとつはデュアルバンドWi-Fi 6メッシュルーターの 「Linksys MR7350」 だ。

本製品は、接続速度最大1,800MbpsのWi-Fi 6対応メッシュルーター。Wi-Fi 6とメッシュルーターをはじめて利用する際に最適な入門機。搭載ポートはWAN×1、LAN×4、USB×1。PCやプリンターなど、様々なデバイスと安定した有線接続も可能。

ひとつのノードで接続できる範囲は最大140平方メートル。クアッドコアCPU(1.2GHz)によって、テレワークやおうち時間にストレスなくインターネットを利用できる。

Linksys独自規格である 「Intelligent Mesh」 に対応しており、対応したLinksys製品とメッシュ構築が可能。たとえばMX5300や、本日同時に発表されたMX4200との組み合わせで、高品質のWi-Fi 6メッシュネットワークを構築できる。

「MR7350」 は本日から予約受付が開始されている。価格は13,300円(税別)。

ちなみに本日発表された 「MX4200」 「MR7350」 両製品の発売記念キャンペーンとして、発売前日まで10%オフで購入できる予約特典が用意されている。購入予定の方はぜひご活用いただきたい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。