【OS X El Capitanの新機能】日本語の自動変換「ライブ変換」が利用可能に!

本日公開されたMac OS X 10.11 El Capitan。早速、新しいOSをインストールして楽しんでいる人も多いのではないだろうか。

AppleはEl Capitanで4つの新しい日本語のフォント(クレー、筑紫A丸ゴシック、筑紫B丸ゴシック、游明朝体+36ポかな)を導入した。それと同時に日本語入力アシストとして、「ライブ変換」機能を実装しているのでご紹介!

「ライブ変換」機能の導入

El Capitanを導入して文字の入力をする機会があった方はビックリしたかもしれない。
僕はEl Capitanのパブリックベータを初めて使った時めちゃめちゃビビった。正直最初バグかと思った笑
キーボードで叩く文字がどんどん勝手に変換されていくのだ。

以前は、文字を入力した後にスペースキーを押すことで変換が可能だった。最初はMacが変な変換をしてしまうかもしれないが、そのうちMacの予測変換機能がユーザーの入力を学習していくのでスムーズに文字が打てるようになる。僕もしばらく使っているが、ほとんど変換間違いは起きなくなった。もし変な文字が入っているとすれば、それは僕の入力間違いだ。もし、文字の誤植等あったら問い合わせやメール等で知らせて欲しい!

「ライブ変換」のON / OFFの仕方

liveconversion2

[システム環境設定]>[キーボード]>[入力ソース]> [ライブ変換]のチェックボックスのチェックを外すと機能をオフにできる。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。