ロジクール、ウェブカメラ 「BRIO 500」 とワイヤレスヘッドセット 「ZONE VIBE 100」 10月27日に発売

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

ロジクールは10月7日、新型ウェブカメラ 「BRIO 500」 と新型ヘッドセット 「ZONE VIBE 100」 を発表。同月27日より発売する。

価格はオープンで、参考価格としてロジクールオンラインストアでは 「BRIO 500」 が19,580円(税込)、「ZONE VIBE 100」 が16,500円(税込)。

カラーラインナップは、グラファイト、オフホワイト、ローズの3色展開。

BRIO 500

新型ウェブカメラ 「BRIO 500」 は、フルHD画質に対応したウェブカメラ(1080p/30fps、720p/60fps)。自動光補正機能のほか、自動フレーミング、カメラを片手で上下に傾けられるShowモード、さらにノイズ低減デュアルマイクを特徴とする。

カメラの視野角は65〜95°で自由に調節可能で、複数人で写る際にも便利。また、取り外しできる調整可能マウントを搭載しており、カメラを360度移動することができる。

プライバシーを守る物理式シャッターを搭載しており、カメラによる撮影を完全にブロックすることができる。

本製品はUSB-C プラグ&プレイ式で、Microsoft Teams、Google Meet、Zoom、Work with Chromebookの認定を取得した製品となっており、これらのプラットフォームに対して優れた互換性を持っており、さまざまな会議ツールで安心して使用することができる。

対応OSはWindows 8以降、macOS。

ZONE VIBE 100

「ZONE VIBE 100」 は、40mm 径の大型スピーカードライバーを採用した、オーバーヘッド型ワイヤレスヘッドセット。

搭載されるマイクはデュアル全方向性マイクで、ビームフォーミング技術とデジタルシグナル処理(DSP) で周囲のノイズを抑制し、クリアな通話を実現する。また、物理的に跳ね上げることでミュートできる便利なフリップミュート機能も搭載する。

重量はわずか185グラムで、イヤークッションは通気性のある厳選された生地で作られ、長時間の使用でも快適に利用できるように設計されている。ワイヤレス式でありながら、最大駆動時間は最大20時間、通話で最大18時間駆動できる。5分の充電で1時間使用できる急速充電にも対応する。

また、マルチポイントに対応しており、接続するデバイスをスムーズに切り替えることができる。専用アプリケーション 「Logi Tune」 を利用することで、側音やマイクレベル、EQを調整できる。

(画像提供:ロジクール)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Logitech, Logicool, All rights reserved. 記載されている会社名・製品名は、各社の商標または登録商標です。株式会社ロジクールはLogitech Groupの日本地域担当の日本法人です。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。