ロジクール、iPad・iPad Air向けキーボード一体型ケース 「COMBO TOUCH」 発売 トラックパッド&バックライト内蔵

7月2日、ロジクールは新製品 「ロジクール COMBO TOUCH for iPad (第7世代用)」 および 「ロジクール COMBO TOUCH for iPad Air (第3世代用) / iPad Pro 10.5インチ」 を発売することを発表した。

本日より予約受付が開始されており、発売は7月30日(木)を予定。価格はいずれも20,460円(税込)となっている。

iPad(第7世代)・iPad Air向けのトラックパッド搭載キーボードがLogicoolから登場

今回発表された2つの製品は、どちらもiPad向けキーボード一体型ケース。対応モデルはiPad(第7世代)、iPad Air(第3世代)、10.5インチiPad Pro。本体重量は610g。各iPadに装着することで本体を保護しながらノートPCのように扱うことができる。

さらにロジクールとしてはじめてトラックパッドを搭載。素早く細かい操作や複雑な文書作成は難しいという課題を解消し、生産性をさらに向上させている。トラックパッドによって文字のコピーやハイライトも容易となり、複数の指で操作するスワイプやスクロール、ダブルタップも利用できる。

キーボードはUS配列フルサイズ。上部には画面の明るさや音量の調節、検索ツールの起動などを操作できるiOSショートカットキーが並ぶ。キーピッチは18mmと広めで、快適にタイピングすることが可能だ。キー構造はパンタグラフ式、キーストロークは1.0mm、押下圧は60g。

キーボード下にはバックライトが内蔵。バックライトの明るさは5段階で調節でき、暗所はもちろん飛行機など暗い照明環境でも便利に使うことができる。

本製品の電源はiPad本体のSmart Connectorから供給する仕組みとなっていて、別途キーボードを充電する手間はなく、ペアリングの必要もない。ケースを開くと電源がオン、閉じるとオフになる簡単仕様だ。

さらにApple Pencil(第1世代)やLogicool Crayonに対応した収納ホルダーが用意されている。iPadとともにApple Pencilを持ち運ぶユーザーには嬉しい仕様だろう。

また本製品には、キーボードとケースを分離させられるという唯一無二(?)の特徴がある。これによってキーボードが不要な時はケースだけを持ち歩くなど多様が使い方が可能になる。Magic Keyboardにもない便利機能だ。

ロジクール COMBO TOUCH for iPad (第7世代用)」 および 「ロジクール COMBO TOUCH for iPad Air (第3世代用) / iPad Pro 10.5インチ」 は本日から予約受付が開始されている。参考価格は20,460円(税込)だが、Amazonでは9%オフの18,600円で購入可能。購入・商品の詳細をチェックしたい場合は以下のリンクから。

関連記事
Magic Keyboard レビュー | iPad ProをノートPCに変える魔法アイテム。買うべきはどんな人?
iPad Pro 2020 レビュー | 伝えたい11インチモデルの魅力。初のマルチカメラで大胆構図の写真も

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。