ロジクールとマクラーレンがeモータースポーツ大会 「Logicool McLaren G Challenge 2021」 開催。7月からオンライン予選開始

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

6月24日、ロジクールとMcLaren Racingは、「Logicool McLaren G Challenge 2021」 を開催すると発表した。

世界最大級のeモータースポーツ大会 「Logicool McLaren G Challenge 2021」 開催

「G Challenge」 は、モータースポーツをより身近な存在とし、次世代のレーサーを発掘するために世界最大規模で開催するeモータースポーツ大会。開催は今回で4年目となり、昨年に引き続きマクラーレンのパートナーシップのもとで開催される。

大会は、アメリカ、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、日本を含むアジア・パシフィックの4地域で行われる。今年から大会規模が3部門制に拡大されており、レースシミュレーション『iRacing』を利用したオープンホイール部門とストックカー部門、『Assetto Corsa Competizione』を利用したスポーツカー部門が開催される。

7月から11月にかけてオンライン予選が開始され、各シーズンの上位者は、各地域で行われるリージョナル・セミファイナルへの出場権が与えられる。日本からの通過者は秋頃に開催されるアジア・パシフィック地域のリージョナル・セミファイナルに進む。

リージョナル・セミファイナルの上位入賞者は、2022年1月にアメリカ・ネバダ州ラスベガスで開催されるグランドファイナル・ウィークエンドへの3泊4日の旅が贈呈され、スーパーカーを運転したり、プロのレーサーに会うことができるという。

そしてグランドファイナル・ウィークエンドの優勝者は、マクラーレンの舞台裏を知るイギリス・ロンドンへの旅行に招待され、マクラーレンテクノロジーセンターの見学やマクラーレンF1ドライバーのランド・ノリスによる指導、マクラーレンのスーパーカーの運転、F1イギリスグランプリ2022のVIP体験が含まれるとのこと。詳細はこちらから

また、新たな試みとして、7月8日(木)午前4時(日本時間)に、マクラーレンF1ドライバーのランド・ノリスと、 NASCARドライバーのウィリアム・バイロンなどが参加するプロアマ・エキシビションレースを開催する。興味のある方はぜひ視聴してみていただきたい。

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。