ロジクール、完全ワイヤレスイヤホンやドッキングステーションなど法人向け3機種を発表

株式会社ロジクールは、在宅勤務環境を整える法人向けパーソナルソリューション3製品を、12月下旬より順次販売開始する。

今回発表された製品は、有線イヤホン 「Zone Wired Earbuds」、完全ワイヤレスイヤホン 「Zone True Wireless」、ドッキングステーション 「Logi Dock」 の3製品。このうち、「Zone Wired Earbuds」 と 「Logi Dock」 にはUC (Unified Communication) 版とMicrosoft Teams認定版が用意されている。

製品名 製品ジャンル 参考価格(税込) 発売時期
Zone Wired Earbuds 有線イヤホン 10,580円 2021年12月下旬
Zone True Wireless 完全ワイヤレスイヤホン 34,500円 2021年12月下旬
Logi Dock ドッキングステーション 51,099円 2022年1月中旬

Zone Wired Earbuds

Zone Wired Earbudsは、Microsoft Teams、Skype for Business、Zoom、Google Meet、Google Voice認定を取得したマイク付きの有線イヤホン。ケーブル上のコントローラで通話や音量のコントロール、音楽の再生/一時停止などが可能。また、Microsoft Teams認定モデルには、Teamsの起動ボタンが備わっている。

Zone Wired Earbudsには、XS、S、M、Lサイズの4セットのイヤージェルが同梱。左右それぞれの耳に合った大きさを選ぶことで、長時間使用時の快適性を高められる。

内蔵ドライバーは、PETとPU素材で強化された6mmオーディオドライバーで、ひずみが少なく、ネオジムマグネットによってより力強いサウンドを引き出す。音声・音楽用に最適化されたプリセットEQが2種類用意される。

左イヤホンには2つのビームフォーミングマイクが搭載されており、カフェなどの騒がしい場所でも自身の声をクリアに拾える。

本製品は、3.5mmプラグのほか、USB Type-CとType-Aによるプラグ&プレイもサポート。あらゆる環境で利用することが可能だ。参考価格は10,580円(税込)で、2021年12月下旬に発売予定。

Zone True Wireless

Zone True Wirelessは、Microsoft Teams、Skype for Business、Zoom、Google Meet、Google Voice認定を取得した完全ワイヤレスイヤホン。

左右のイヤホンにマイクを3個ずつ内蔵しており、2つのビームフォーミングマイクと骨伝導によって周囲のノイズを抑制、通話相手に自身の声をクリアに届けることができる。

音質面は12mmオーディオドライバーによる没入感の高いサウンドが特長。さらに、アクティブノイズキャンセリング (ANC) 機能によって外部のノイズを除去することが可能。さらに外部音取り込み機能も備えており、イヤホンを装着した状態でも会話することが可能だ。

2台のデバイスを同時に接続できるマルチポイント接続に対応しており、PCとスマートフォンなど接続先をスムーズに切り替えることが可能だ。接続はBluetooth以外にもUSB Type-A、同梱のアダプタを利用することでUSB Type-C接続も可能。接続先の保存は最大8個まで。

バッテリー持ちはイヤホン単体で最大12時間のリスニング、最大6.5時間の通話が可能(ANC利用時)。バッテリーのフル充電まで3時間程度かかるとのこと。急速充電にも対応しており、5分の充電で最大2時間リスニング、最大1時間の通話ができるとのこと(ANCオフの場合)。バッテリーケースはイヤホンを最大2.5回充電できる。

防水性能はIP68等級、水や汗、砂やホコリの侵入を防ぐ防塵・防水性能になっている。仕事のあとにランニングに出かけたり、ジムでトレーニングに勤しむことも可能だ。参考価格は34,500円(税込)で、2021年12月下旬に発売予定。

Logi Dock

Logi Dockは、Microsoft Teams、Google Meet、Google Voice、Zoom認定を取得したドッキングステーション。USB3.1×5 (Type-Cx3、Type-Ax2)、HDMI 1.4b(4K@60Hz HDR対応) およびDisplayPort 1.4を備え、USB Type-Cポートは最大100W出力可能なUSB Power Deliveryに対応。最大5台のUSB周辺機器と2台のモニターを接続しながら、ノートPCを充電できる。

専用ソフト 「Logi Tune」 とカレンダーを連携しておけば、本体上面のボタンを押すだけで会議に参加できるほか、ミュートやビデオのオン/オフも簡単に操作できる。

前面には2個の55mmオーディオドライバー、左右側面には低音を強化するためのパッシブラジエーターを配置。6つのビームフォーミングマイクも搭載した。Bluetooth接続をサポートしているため、会議だけでなくスマートフォンから音楽を再生することも可能。参考価格は51,099円(税込)。

ロジクールの法人向け製品の購入についてはこちらから確認を。

関連記事
Logicool Ergo K860 レビュー | ロジクール初の本格エルゴノミクスキーボード。持続可能なデスクワークを実現する重要アイテム
Blue Microphones 「Yeti X」 レビュー。YouTube配信やテレワークに最適なUSBコンデンサーマイク

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。