ロジクール、法人向けAI搭載ホワイトボード用カメラ 「ロジクール Scribe」 発売

5月26日、ロジクールはAI搭載ホワイトボード用カメラ 「ロジクール Scribe」 を法人向けに発売。参考価格は168,000円(税込)、購入はロジクール公式サイトから可能だ。

AI搭載ホワイトボード用カメラ 「ロジクール Scribe」 発売

「ロジクール Scribe」 は、ホワイトボードの板書や付箋をリモート共有するのに適したホワイトボード用カメラ。

本体は壁掛け式デザインが採用されていて、付属の取り付けキットを使うことで様々な壁面に取り付け可能。壁の上下や内部にケーブルを収納し、スッキリと配線することもできる。

撮影可能範囲は最大で幅2m×高さ1.2m。ほぼ全てのビデオ会議アプリでUSBコンテンツカメラとして動作するため、リモート会議やオンライン授業などに最適だ。

また、Microsoft Teams RoomsとZoom Roomsでは、同梱されてくる 「ワイヤレス共有ボタン」 を使うことで、ホワイトボードの内容をデジタルデータとして簡単にコンテンツ共有できる。

同カメラにはAIが搭載されていて、ホワイトボードに内容を書き込む人や手を透過し、マーカーの色を自動的に強調する仕様のため、リモート参加者はホワイトボードの内容をクリアに見ることが可能。付箋などの非デジタルコンテンツも検知可能だ。

「ロジクール Scribe」 は本日から販売が開始されており、価格は168,000円(税込)。購入はロジクール公式サイトから。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。