ロジクールG、ワイヤレスマウス 「G303SH」 発表。名作ゲーミングマウスをストリーマー向け仕様に復刻

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

ロジクールはゲーミングブランド 「ロジクールG」 から、無線ゲーミングマウス 「G303SH」 を発表。ロジクールG公式オンラインストアなどロジクールが展開するオンラインストアにて予約を受け付ける。

価格はオープン、ロジクールオンラインストアにおける販売価格は16,280円(税込)。発売日は2021年12月2日(木)を予定している。

ロジクールGから無線ゲーミングマウス 「G303SH」 発売

「G303SH」 は、2015年4月にロジクールGから発売したワイヤードゲーミングマウス 「G303」 を改良・復刻したモデル。人気ストリーマーshroudと共同で開発し、要望を聞くことでストリーマーが求める性能を得て戻ってきた。

大きな変化としては、まずワイヤードマウスからワイヤレスマウスになったこと。さらに、グリップや親指の位置、ボタン配置など持ちやすさ、使いやすさを重視した。

本体重量は75gと軽量。FPSゲームを低DPIでプレイする際、エイムをより素早く合わせられるように軽量かつ堅牢にデザインした。さらに、マウスソールにはテフロンとしても知られるポリテトラフルオロエチレン (PTFE) を採用することでよりなめらかな滑りを実現している。

マウスには、shroudのグリップポジションがわかるように印を付けているため、最適な状態でマウスを持つことができる。また、shroudのリクエストでマウスの内部が見えるようサイドパネルを半透明にするなどのこだわりも。

内蔵センサーは、ロジクール独自開発のマウスセンサー 「HERO 25K」 。消費電力を抑えながら、高い精度と反応速度を実現している。最大解像度25,600DPIではサブミクロンレベル、100万分の1メートル(0.000001m)、人間の髪の毛の太さの約50分の1の動きまで精確に捉えられる。DPIは、Logicool G HUBソフトウェアを使用することで100〜25,600の範囲で調節できる。

総ボタン数は5つで、こちらもLogicool G HUBソフトウェアでカスタマイズすることが可能だ。

対応OSはWindows 8以降、macOS 10.11 以降。連続駆動時間は約145時間。内蔵バッテリーはUSBケーブルで充電可能だ。

「G303SH」 の価格はオープンで、ロジクールオンラインストアにおける販売価格は16,280円(税込)。発売日は2021年12月2日(木)を予定している。

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。