ロジクールG、ゲーミングキーボード2種 「G413 SE」 「G413 TKL SE」 8月25日に発売。タクタイルメカニカルスイッチを採用

7月28日、ロジクールのゲーミングブランド 「ロジクールG」 は、新型ゲーミングキーボード2種 「G413 SE ゲーミングキーボード」 「G413 TKL SE ゲーミングキーボード」 を発表。8月25日より全国の家電量販店およびAmazon.co.jpなど各オンラインストアにて販売する。

価格はオープン、ロジクールオンラインストアにおける販売価格は 「G413 SE」 が12,210円、「G413 TKL SE」 が10,890円。

また、ロジクールGはゲーミングマウスパッド 「G640s」 も8月10日(水)に発売する。こちらも価格はオープン、ロジクールオンラインストアでは3,520円(税込)で販売される。

「G413 SEゲーミングキーボード」 「G413 TKL SEゲーミングキーボード」 8月10日に発売

テンキー搭載 (フルサイズ) の 「G413 SE」

今回発表された 「G413 SE」 および 「G413 TKL SE」 は、白色LED照明と黒く輝くアルミ・マグネシウム合金のトップケースをベースとし、ミニマルなデザインとゲーマーに必要な機能を両立したゲーミングキーボード。

「G413 SE」 はテンキーがついたフルサイズタイプ、「G413 TKL SE」 はテンキーレスタイプ。本体サイズはそれぞれ435mm x 127mm x 36.3mm、355mm x 127mm x 36.3mmとなる。カラーはどちらもブラックのみ。

テンキーレスの 「G413 TKL SE」

6キーロールオーバー機能(同時に押したキーを6個まで認識できる)や、アンチゴースト機能(誤入力防止機能)に対応するほか、トップケースにアルミニウム素材を採用し、キーキャップにはPBT樹脂を採用することで、高い耐久性と耐摩耗性、耐熱性を実現。大会に出場するようなクラスのプレイヤーやハイレベルなパフォーマンスを必要とするFPSゲームのプレイヤーでも快適にプレイできることを目指した。

キースイッチにはタクタイルのメカニカルスイッチを使用しており、高速&正確な入力が可能だ。キーレイアウトは日本語配列。背面には2段階式の角度調整機能が搭載されている。

価格はオープン、ロジクールオンラインストアにおける販売価格は 「G413 SE」 が12,210円、「G413 TKL SE」 が10,890円。8月25日に発売予定、本日より予約受付が開始されている。

ゲーミングマウスパッド 「G640s」 は8月10日に発売

「G640s」 は、クロスの表面を備えたゲーミングマウスパッド。中程度の表面摩擦を特徴とし、特に低DPI設定でのプレイに便利。底面にはラバー素材が採用されており、マウスパッドが滑ったり盛り上がったりすることを防ぐ。本体サイズは460mm x 400mm x 3mm。本体重量は約352g。カラーはブラックのみ。価格はオープン、ロジクールオンラインストアでは3,520円(税込)で販売される。

(画像提供:ロジクール)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。