ロジクールG、「G512 Carbon RGBメカニカルゲーミングキーボード」 リニューアル。従来から価格を抑えることに成功

1月23日、ロジクールは同社ゲーミングブランド 「ロジクールG」 から販売している 「G512 Carbon RGBメカニカルゲーミングキーボード」 の一部製品をリニューアル。2月6日から発売することを発表した。

参考価格は13,750円(税込)、本日からAmazonなどで予約受付が開始されている。

ゲーミングキーボード 「G512」 の一部製品がリニューアル

今回リニューアルした製品は 「G512 Carbon RGBメカニカルゲーミングキーボード」 の3種類のうち2種類、「リニア」 と 「タクタイル」 のスイッチを採用したモデルのみがリニューアルしている。製品の仕様は大きくは変わらないものの、キーボードのスイッチがロジクールの独自スイッチ 「Romer-G」 から 「GX RED リニア キースイッチ」 「GX BROWN タクタイル キースイッチ」 に変更に。

タクタイルは静かだが確かな打鍵感が特徴、リニアはより滑らかに軽いタッチで入力できる。どちらも7,000 万回のクリックテストを突破しており耐久性に優れている上に、最大26キーの同時押しにも正確に反応できるという。

キーボードのトップケースには航空機にも使用される頑丈なアルミニウム合金を採用。見た目の高級感もあるだけでなく、激しい入力によるキーボードのズレを防ぐことができる。

本体サイズはW132×D445×H36で、重量は1,130g。ケーブルの長さは1.8メートル。アクチュエーションポイントは1.9mm、キーストロークは4.0mm、押下圧は50g。キー配列は日本語配列(フルサイズ)となっている。

また、本製品はロジクールGのLEDライティング技術 「LIGHTSYNC テクノロジー」 に対応。Logicool G HUBソフトウェアを利用することで約1,680万色の鮮やかなライティングを楽しむことができる。RGB ライトの色合いやアニメーションを調整することにより、ゲームや音楽と連動したライティングはもちろん、コマンドを把握しやすいよう特定のキーを色分けすることも可能だ。

リニューアルした 「G512 Carbon RGBメカニカルゲーミングキーボード」 は本日から予約受付が開始されている。参考価格は13,750円(税込)、Amazonでの購入は以下からどうぞ。

関連記事
G913/G813 レビュー | ロジクールGの次世代RGBメカニカル ゲーミングキーボード
ロジクール、同社初のスイッチ交換可能なテンキーレスキーボード 「PRO Xゲーミングキーボード」 11月14日発売

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。