ロジクールG、5年ぶり新型ステアリングホイール 「ロジクール G923 レーシングハンドル & ペダル」 発売 PS5・PS4・PCをサポート

8月28日、ロジクールのゲーミングブランド 「ロジクールG」 は新型ステアリングホイール 「ロジクール G923 レーシングハンドル & ペダル」 を発売することを発表した。価格は61,270円(税込)、発売は2020年9月17日(木)を予定。本日から予約受付が開始されている。

新型ステアリングホイール 「G923 レーシングハンドル & ペダル」 が発売

ロジクール G923 レーシングハンドル & ペダル」 はレーシングゲームで利用できるレーシングシミュレーションギア。ハンドルからの振動によって路面のギャップや加減速などレース体験をより臨場感・没入感のあるものにできる。

「G923」 は、現在販売されている 「G29」 の上位機種として販売される。シムレーサーやプロのレーシングドライバーの協力を得ながら開発した新技術 「TRUEFORCE」 を搭載していて、ゲーム内アクションやオーディオと直接連携し1秒間に4000回の処理を行うことによって、精確かつ詳細なフィードバックを可能にした。また、静音で滑りの良いヘリカルギアやモーターの電流制御と連動することで、よりリアルに近い反応を実現している。

轟くエンジン音やタイヤのトラクション、トラックの地形にあわせた振動に加え、スーパーカーとマッスルカーの違い、路面状況、走行時の車両重量といった要素も表現できるので、よりリアルに近い走行が味わえるという。

製品特徴
■ 高精細のフィードバックを実現
次世代技術TRUEFORCE よりリアルで没入感のあるレーシング体験のために新技術TRUEFORCEを開発。ゲーム内の車のエンジンと連動して1秒間に4000回もの処理を行うことで、精確かつ詳細なフィードバックをステアリングから得ることができる。

■ デュアルクラッチによるローンチコントロール
デュアルクラッチは、実際のレーシングカーの発進を再現する。スタート時のトラクションを最大化しな がら白煙を抑えられるので、より素早くクリーンに発進加速することができる。

■ モーターのクローズドループ制御
「G923」 のファームウェアはホイールモーターに流れる電流を監視しながら、ゲーム物理からの出力に合うよう電圧レベルを継続的に調整、適切なトルクを実現する。デフォルトよりも設定値を上げることで、旧式のフィードバックを用いたゲームにおいてもホイール全体のレスポンスを高めることができる。

■ ブレーキペダル
操作性と臨場感を高めるべく、ブレーキペダルに新開発の高反発ばねを採用した。均等にコントロールするために、ヒール・アンド・トウのペダル面を調整してことができる。

■ レーシングのためのデザイン設計
メタルホイールやペダル、新しい手縫いパターンのレザー製ホイールカバーを現代的なデザインにしました。プレミアムな素材を使用することで、レーシング体験を高めながら快適にプレイできる。

■ 各種コントロールを装備
ステアリングホイール中央の方向キーとボタンで設定画面を操作でき、中央上にあるRevインジケーターのLEDライトでギアシフトのタイミングを確認できる。24点のアジャストメントダイヤルや+/-ボタンは走行中にすばやく直感的なチューニングに便利。ソフトウェアLogicool G HUBを用いれば、ホイールの 感度やフォースフィードバックのレベル、ボタン割り当てをカスタマイズできる。

ロジクール G923 レーシングハンドル & ペダル」 の対応デバイスはPlayStation 4とPC。そして2020年ホリデーシーズンに発売を予定しているPlayStation 5もサポート予定だ。価格は61,270円(税込)、発売は2020年9月17日(木)を予定。本日から予約受付が開始されている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。