ロジクール、「PRO X SUPERLIGHT ワイヤレスゲーミングマウス」 発売。重量63g未満のロジクールG史上最軽量ゲーミングマウス

11月18日、ロジクールのゲーミングブランド 「ロジクールG」 は、新製品 「PRO X SUPERLIGHT ワイヤレスゲーミングマウス」 を12月22日(火)から順次発売することを発表した。価格はオープンで、Amazonでは16,200円(税込)で販売されている。

ロジクールG新製品 「PRO X SUPERLIGHT ワイヤレスゲーミングマウス」 発売

PRO X SUPERLIGHT ワイヤレスゲーミングマウス」 は、ロジクールG史上最軽量のワイヤレスゲーミングマウス。同社が販売する人気ゲーミングマウス 「PROワイヤレスマウス」 の形状を継承しながら、本体重量を63g未満に抑えたモデルだ。

ロジクールG独自技術「LIGHTSPEED」による、遅延のない安定した信頼できる接続を提供するとともに、サブミクロンレベルの動きまで精確に捉える「HERO 25K」マウスセンサーを搭載。さらに、約1時間のフル充電で約70時間の連続使用と省エネ性能が向上している。

商品概要

■最軽量63g未満のゲーミングマウス
内部の構造を見直すことにより、本体に穴をあけることなく軽量化を実現。従来のPROワイヤレスマウスが持つ形状やフィット感はそのままで、快適に使用できる。重量は従来と比べて約25%軽くなった。

■滑りを高めるPTFEマウスフィート
テフロンとしても知られるポリテトラフルオロエチレン(PTFE)素材を採用したマウスフィートの面積を広げ、より滑らかな滑りを実現。同梱の粘着グリップテープを使えば、マウスのグリップを高めることも可能。

■高性能ゲーミングセンサー「HERO 25K」搭載
2020年9月にソフトウェア更新にて提供を開始した世界初のサブミクロンレベルのマウスセンサー「HERO 25K」を搭載。最大解像度は25,600DPIで、サブミクロンレベルー100万分の1メートル(0.000001m)、人間の髪の毛の太さの約50分の1ーの動きまで精確に捉えることが可能。Logicool G HUBソフトウェアで、センサーの解像度を100〜25,000DPIの範囲で調節可能。

■独自ワイヤレス技術LIGHTSPEED
独自技術LIGHTSPEEDにより、1秒に1000回のレポートレートと標準的な有線マウスの8倍の応答速度を実現(ロジクール調べ)。遅延を心配する必要はほぼなし。左右マウスボタンには軽い力で入力できるよう、金属ばねによるボタンテンションが採用されていて、手応えのあるクリック感と連続押下への応答性を高めている。

■5個のプログラム可能なボタン
左右のクリックボタンに2個の左サイドボタン、スクロールホイール兼中央ボタンの5個のボタンを搭載。Logicool G HUBソフトウェアを用いれば、コマンドやキーの組み合わせをボタンに割り当て可能。マウスに設定情報が保存されるため、移動先でもすぐにプレイ環境を整えることができる。

本製品はホワイトとブラックの2カラーラインナップ展開が予定されていて、ブラックが2020年12月22日(火)、ホワイトモデルが2021年2月25日(水)に発売予定。どちらも11月18日(水)から予約受付が開始されている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。