米Logitech、音響機器メーカーPlantronicsを買収か

米Logitech(日本ではロジクール)は、米国の音響機器メーカーPlantronicsの買収に動いていることが分かった。米Reuterが独占スクープ記事を公開した。

LogitechがPlantronicsの買収を検討中

Reuterによると、LogitechはPlantronicsの買収に22億ドルの資金を用意しており、早ければ来週にも合意に達する可能性があるとみられる。Logitechの時価総額は今週末時点で20億ドルほど。もし、合意に達することができれば、今回の買収はLogitechにとって過去最大のものとなる。

LogitechがPlantronicsを狙う理由は主にコスト削減のため。中国から米国へ製品輸入する際に必要な関税が、トランプ政権下で増加していることが背景にある。

Plantronicsは1961年に誕生した米国の音響機器メーカー。航空機に使用される小型ヘッドセットを開発したメーカーで、のちにNASA(米航空宇宙局)のオペレーションにも使用されるようになった。人類で最初に月面に降り立ったニール・アームストロング氏も着用したことで有名だ。

今回の買収によって、Logitechは将来的にPlantronicsの得意とするコンシューマ向けワイヤレスヘッドフォン・ヘッドセットを発売する可能性もあるが、当人のPlantronicsが今回の買収に前向きなのかどうかは明らかになっていない。

ちなみに、Logitechは昨年7月にゲーミングヘッドセットのメーカーとして知られるASTRO Gamingを買収している。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。