LogitechのiPad対応スタイラス「Crayon」日本でも一般販売開始 価格は7,880円(税別)

今年3月に発表され、話題を集めた「iPad(第6世代)」で使えるスタイラスペン「Crayon」が、日本でも一般販売が開始された。Apple公式サイトから注文することが可能になっている。

同製品はLogitech(日本ではLogicool)が開発したスタイラス。「iPad (第6世代)」のみで使用できるようになっており、同じスタイラスのApple Pencilに比べて安価なのが特徴だ。「iPad (第6世代)」は教育機関・学生向けイベントで発表されたこともあり、同スタイラスもどちらかというと学生向けだ。

Crayon」は、Apple PencilのようにiPadの画面をなぞることで手書きで絵や文字を書くことができるが、Apple Pencilと違い筆圧検知機能が搭載されていない。ただし、ペンを持っている手が画面に触れてしまった際に画面が反応しないようにする機能「パームリジェクション」や、傾きによる太さ調整機能は搭載されており、学生が勉強に使う分には十分な機能を備えている。

同製品の価格は7,880円(税別)教育機関・学生向けに発表された時の価格(49ドル:約5,500円)に比べたら高価だが、Apple Pencilに比べると約3,000円安いため、Apple Pencilでなくても良いという人は購入対象になるかも。

ただし、この「Crayon」はあくまで「iPad(第6世代)」でしか動作しないようになっていることに注意していただきたい。今後出てくる次世代iPadでは使えるかもしれないが、iPad Proに関しては利用することができないので、iPad ProユーザーはApple Pencilを購入するようにしよう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。