M1X MacBook Proは120Hz高リフレッシュレート対応のミニLEDディスプレイ搭載との噂

Appleは日本時間10月19日に、新製品発表イベント 「Unleashed.」 を開催する。

同イベントでは、長らく噂されてきたMacBook Proのハイエンドモデルが登場すると予想されている。これまでの情報では、同モデルにはM1Xチップが搭載され性能が向上するなどと報じられているが、画面の性能も大幅に向上する可能性があるようだ。

MacBook ProのハイエンドモデルはProMotionテクノロジーを採用か

この情報を伝えているのは、DSCC (Display Supply Chain Consultants) CEOを務めるRoss Young氏 (via 9to5Mac)。

同氏はディスプレイ業界に精通した人物として知られているが、今回のM1X MacBook Pro (仮) について、新型MacBook Proは14インチおよび16インチの2種類のサイズが用意され、ProMotionテクノロジー (120Hzの高リフレッシュレート) に対応したミニLEDディスプレイが搭載されると伝えている。Ross Young氏いわく、12.9インチiPad Proを “スケールアップ” したようなディスプレイになるとのこと。

Appleは、これまで120Hzの高リフレッシュレートに対応したProMotionテクノロジーをiPad Proにのみ搭載してきた。しかし、先日発売したiPhone 13 ProシリーズではじめてProMotionテクノロジーが他製品に採用されている。いよいよMacにも、同技術が搭載される予定なのかもしれない。

ProMotionテクノロジーは、Appleが開発した画面の高リフレッシュレート化技術。リフレッシュレートとは1秒間に何回画面の書き換えが行われるかを示す数字で、この数字が大きくなればなるほど画面描写が滑らかになる。もし、120Hz駆動のProMotionテクノロジーが搭載されれば、Macの画面は従来の2倍程度滑らかに動作するようになる。

リフレッシュレートが高くなると、一般的にはバッテリー消費量が増えることになるが、iPhone 13 Proにはコンテンツに合わせてリフレッシュレートを段階的に変化させる機能が搭載されており、必要に応じてリフレッシュレートを上げたり下げたりすることでバッテリー消費を抑える工夫がなされている。同技術をMacにも搭載すれば、従来と同じ感覚で最大120Hz駆動の画面を利用できるようになるかもしれない。

関連記事
Apple、新製品発表イベント「Unleashed.」 日本時間10月19日午前2時から開催。新型MacBook Proなど発表か

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。