新型Mac miniが正式発表。M2/M2 Proチップを搭載し性能を強化

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

現地時間1月17日、Appleは新型Mac miniを正式発表した。

今回発表された新型Mac miniは、2020年11月に発売したMac mini (M1チップ搭載) の後継モデル。Appleの次世代プロセッサ 「M2チップ」 「M2 Proチップ」 を搭載して性能を引き上げたほか、Wi-Fi 6EやBluetooth 5.3に対応した。

搭載チップはM2チップとM2 Proチップの2種類から選択可能。M2チップは8コアCPUと10コアGPUを搭載し、最大24GBのユニファイドメモリを搭載できる。メモリ帯域幅は100GB/s。

M2 Proチップは最大12コアCPUと最大19コアGPUを搭載し、最大32GBのユニファイドメモリを搭載可能。メモリ帯域幅は200GB/s。

本体デザインは従来モデルから変更はないが、インターフェイスはM2モデルがThunderbolt 4ポートx2、USB-Aポートx2、ギガビット Ethernetポートx1、HDMI x1、3.5mmヘッドホンジャックx1が搭載される。

M2 ProモデルはThunderbolt 4ポートx4、USB-Aポートx2、ギガビット Ethernetポートx1 (10Gb Ethernetに変更可能)、HDMI x1、3.5mmヘッドホンジャックx1が搭載される。ストレージ容量は最大2TB。

新型Mac miniは、M2チップ搭載モデルが84,800円から、M2 Proチップ搭載モデルが184,800円から購入可能 (いずれも税込) 。発売はいずれのモデルも2月3日を予定している。

(画像:Apple)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。