Appleが2022年に投入する新型Macのスケジュール。著名記者が予測を改めて伝える

「Appleは今年複数の新型Macを投入する」 と主張する、Bloombergの著名記者Mark Gurman氏が現地時間20日に、自身のニュースレター 「Power On」 の最新エピソードを公開。Appleが2022年に投入する可能性がある新型Macを投入スケジュールとともに改めて伝えている。

Appleは2022年に7つの新型Macを発売か

Mark Gurman氏によると、Appleは2022年に7つの新型Macを投入する計画で、まずは3月にM2チップを搭載した新エントリー型MacBook Pro、およびMac miniを投入する予定。5月〜6月にはiMac ProとMac Proの新型モデルが投入されるという。

そして、これらに続く形でApple Siliconを搭載した上位版Mac mini、M2チップを搭載した24インチiMac、新デザインを採用したMacBook Airが年内に登場する可能性があるとのこと。

2022年中に投入される可能性がある7つの新型Mac (Mark Gurman氏の情報より)

2022年3月
・MacBook Pro (M2, エントリーモデル)
・Mac mini (M2, エントリーモデル)

2022年5月〜6月
・iMac Pro (M1 Pro / M1 Max)
・Mac Pro

2022年内
・MacBook Air (M2)
・24インチiMac (M2)

・Mac mini (M1 Pro, 上位モデル)

これらの新型Macに搭載されるチップは、多くがM1の後継プロセッサ 「M2」 。M1と同じ8コアCPUを搭載し、GPUは7〜8コアから9〜10コアに増える可能性があるとのこと。

また、Mac Proに搭載されるプロセッサは、M1 Maxチップを強化したものになり、20個のCPUコア/64個のGPUコア、あるいは40個のCPUコア、128個のGPUコアを搭載するという。

そして上位版MacBook Proに搭載されているM1 Pro/M1 Proの後継プロセッサとされるM2 Pro/M2 MaxチップおよびM2の後継プロセッサとされるM3チップについては2023年に投入されるとのこと。

Mark Gurman氏はAppleの未発表製品に関して高い予測精度を誇る人物による情報であることから、上記の情報は正確である可能性が高い。しかし、同氏は昨年に予想を外したこともあることから、彼の予測も完璧ではないことに留意が必要だ。

なお、同氏は2022年にiPhone 14シリーズ、Apple Watch Series 8、iPad Proが投入されることも予想している。これらが事実であれば、今年Appleは大量の新製品を投入する可能性がありそうだ。

関連記事
M2 MacBook Proは年内、早ければ3月に発売との噂。新型iMac/MacBook AirにもM2チップが搭載?
2022年に発表されるApple新製品の情報・スペックまとめ。発売時期も予想してみた

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。