米家電量販店に新型MacBook Air/MacBook Pro / Mac miniの製品ページが登場。WWDC22で発表?【追記あり】

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

(画像:Apple)

日本時間6月7日午前2時から、Appleは開発者向けイベント 「WWDC22」 を開催する。

同イベントのオープニングを飾る基調講演では、次期OSや新サービスに加えて新製品がサプライズ発表されることがあり、今年は次世代Apple Siliconを搭載した新型MacBook Air・MacBook Pro・Mac miniが発表されるとの噂だ。

これらの製品に関して、基調講演前であるにもかかわらず、米家電量販店が製品ページを公開していることが発見され、話題になっている。

米家電量販店に新型MacBook Air・MacBook Pro・Mac miniの製品ページが登場

M1 Mac mini

米家電量販店のB&Hの公式サイトに、Mac mini (M2)Mac mini Tower (M1 Pro) 、14インチMacBook Air (M2)13インチMacBook Pro (M2)の4つの製品販売ページが準備されていることがわかった。

発見された製品ページ

  • Mac mini
  • Mac mini Tower
  • MacBook Air
  • MacBook Pro

家電量販店などは、未発表の製品であるにも関わらず販売ページを事前に作ることがよくあることから、何らかの製品のプレースホルダー (代わりのページ) として利用されている可能性があるが、製品ページが用意されているということは、これらの製品がまもなく登場するということなのだろうか?海外メディアを中心に、同ページの存在が騒がれているにも関わらず、依然として残されていることも気になるところ。

(画像:B&H Photo)

上記の新製品のページが公開されているからといって、その名称の製品が出るとは限らない。しかし、何かしらの新製品のためにB&Hが新規ページを用意している可能性があることから、今夜のWWDCの発表は要注目だ。

M1 MacBook Pro

ただし、13インチMacBook Proに関しては発表が延期されたとする意見もある。Bloombergの著名記者Mark Gurman氏は、中国のロックダウンの影響でAppleが新型13インチMacBook Proの発表を延期した可能性があると伝えている。

ちなみに、Mark Gurman氏からの情報では、新型13インチMacBook ProはM2チップを搭載する関係で処理性能が向上するが、現行モデルから大きな変化はないという。ただし、Touch Barはなくなるとのことだ。

WWDC22の基調講演は、日本時間6月7日午前2時から配信開始予定。配信先はこちらの記事から確認可能だ。

追記

追記:この製品ページは今年3月にB&Hが作成したものであることが判明した。今回のWWDCに合わせて作成したものではないとのことなので、これらの新製品が登場するかは現時点では不明。

(via 9to5Mac(1)9to5Mac(2)9to5Mac(3) )

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。