ブラウザ版Mac App Store、UIが刷新されiOSライクなデザインに変更 レスポンシブデザインにも対応

現地時間18日、Appleは「App Store / Mac App Store」のブラウザ版のUIを変更している。デザインがiOS版App Storeライクに変更されており、プラットフォームは異なるが、同じApp Storeとしてデザインの統一化が図られた形だ。

現在のApp Storeのデザインは、昨年秋にリリースされた「iOS 11」で導入されたもので、各アプリのスクリーンショットの大型化やレビューなどのアプリの情報を前面に押し出し、よりユーザーにそのアプリの特徴を伝えることができるようになっている。

左がMac App Store(ウェブ版)/ 右がApp Store(iOS版)

App Store / Mac App Storeのブラウザ版も、同様の変更が行われており、カスタマーレビューのレートも大きく表示されているのが特徴だ。

また、新たにレスポンシブデザインにも対応。表示するデバイスによって表示形式が異なるようになっている。Macをお使いの方は是非変化を確認してみていただきたい。

ちなみに、iTunes Storeも同じようにUIの変更が実施されている。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。