MacへのFace ID搭載は今後数年内に実現か。画面内蔵型Face IDも実現に向け開発中

iPhoneやiPad Proに搭載されている顔認証機能 「Face ID」 。同機能がMacに搭載されるのは、”数年以内” であることがわかった。

米メディアBloombergの名物記者Mark Gurman氏は、最新のニュースレターの中で今後のApple新製品に関する情報を伝えた。

Face IDを搭載したMacは数年以内に登場か

Mark Gurman氏の報告によれば、Appleの究極の目標は “ほぼすべてのApple製品に 「Face ID」 を搭載すること” 。ローエンドモデルのiPhoneやiPadを含めたすべてのモデルで、顔による認証を可能にするという。

今年登場する新型MacにFace IDが搭載されることはないが、今後数年以内にFace IDを搭載したMacが登場することになると、Mark Gurman氏は報告する。

また、Face IDはいずれ画面そのものに内蔵することを計画しているという。iPhoneのノッチのように顔認証パーツを埋め込む “切り欠き” を配する必要はなくなる可能性がある。今年の新型iPhoneはノッチが小さくなると噂されているが、数年後にはノッチそのものが廃止されることが予想される。

ちなみに、一番実現が難しいのは、ノートブック型のMacBookに搭載すること。画面が薄いことから、顔認証用パーツを搭載するのが難しいのだという。

また、当初は24インチiMacに顔認証機能を搭載することを計画していたというが、その実装は次回のメジャーアップデートのときに行われる予定とのこと。もし事実であればiMacにFace IDが搭載されるのは少なくとも3年以上先の話となりそうだ。

(via MacRumors)

関連記事
24インチiMac (M1, 2021) レビュー。新デザインで可愛くなった主力デスクトップMac、新チップによる性能向上を検証
MacBook Pro M1 レビュー | 私のMac、速すぎ…!熱くならないしサクサク動く不思議なMac。その実力を徹底検証

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。