【TIPS】Macの音声を複数のオーディオ機器から同時出力する方法

Macで音楽を聴いたり、動画を観るとき、複数のオーディオ機器から同時に音を出したいと思ったことはないだろうか。

実はMacでは、オーディオの設定に少し手を加えるだけで、特殊なアプリを使ったりせずとも、複数機器から音声を出力することができる。

この方法では、2台以上のBluetooth機器から音を出すのはもちろん、Mac本体とBluetooth機器の両方から音を出すこともできるので、当記事を見て気になった方はぜひお試しいただければと思う。

Macの音声を複数の機器に出力する方法

Macの音声を複数の機器から出力するためには、音声出力の設定を少し変更する必要がある。そこまで難しいことをするわけではない上に、設定自体も数分足らずで終わるので、安心して読み進めてほしい。

まずは、音を出したいオーディオ機器を、Mac本体のイヤホンジャックやBluetoothで接続していく。Bluetooth機器の接続は、[システム環境設定]>[Bluetooth]から可能だ。

全ての機器が「接続済み」になったことを確認したら、次はFinderの[アプリケーション]>[ユーティリティ]にある「Audio MIDI設定」を開く。もしくはスポットライト検索で「Audio MIDI設定」を直接検索してもOKだ。

「Audio MIDI設定」を開いたら、改めて自分が接続した機器が表示されているかを確認。全ての機器が表示されていたら、画面左下にある「+」ボタンをクリックし、「複数出力装置を作成」をクリックする。

すると、「複数出力装置」というオーディオ装置が作成され、接続されているオーディオ機器が全て表示されるので、音を出したい機器の左のチェックマークをチェックすることで、設定は完了。

あとはYouTubeやiTunesを開き、聴きたい音楽や観たい動画を再生するだけで、複数のオーディオ機器から同時に音を出すことができるはずだ。

ただし、少し注意しなければならないのは、この方法で音を出していると、Macのキーボードや「サウンド」設定からは音量の変更ができなくなるということ。

音量を変更したい場合は、先ほどの「Audio MIDI設定」からそれぞれの機器ごとに音量を変更できる。もしくは、Bluetooth機器本体の音量ボタンを使って調節することもできる。YouTubeやiTunesなど再生するソフトウェア側で、音量を直接調整しても良いだろう。

また、もうひとつ注意していただきたいのが「音ズレ」だ

この方法を利用して複数のオーディオ機器から音を出した場合、機器によっては音の遅延が発生することがある。

この場合、「Audio MIDI設定」の「音ずれ補正」という項目にチェックを入れることで少しは解消することができるが、それでも使っているうちに再び遅延が発生してしまうこともある。

ちなみに、今回紹介した方法以外にも、複数のオーディオ機器への音声出力ができる場合がある。以下でその方法についても紹介しておくので、気になる方は確認していただければ幸いだ。

iTunesなら「AirPlay」で複数の機器に同時出力可能

Apple製品には、同じネットワークに接続しているオーディオ機器に音声を出力できる「AirPlay」という機能が搭載されている。

もちろんMacにも同機能は搭載されており、AirPlay対応機器であればMacからワイヤレスで音声を出力できる。しかし、原則として「AirPlay」は1つの機器だけの出力に対応しているため、複数機器から音を出すことはできない。

itunes-logo

ただし、iTunesからの場合のみ、「AirPlay」では複数機器に音を出すことが可能だ。つまり、YouTubeで動画を観るときなどには、1台のAirPlay対応機器にしか音が出せないが、iTunesから音楽を流すときには複数台の「AirPlay」対応機器から音を出すことができるということだ。

方法は簡単で、iTunesを開き、音量バーの右に表示されている「AirPlay」マークをクリックし、音を出したいオーディオ機器にチェックを入れるだけ。それぞれの機器の音量も自由に変更できる。

ただし、同機能が使用できるのはあくまで「AirPlay」対応機器のみになるので、複数のBluetooth機器から音を出したい場合は初めに紹介した方法を使っていただきたい。

ちなみに、筆者が実験したところ、上記2つの方法を組み合わせることで、AirPlay対応機器とBluetooth機器の両方から音を出すこともできた。もし環境があるのであれば、こちらも試してみていただければと思う。

「AirPlay 2」がmacOSに実装されればもっと便利に?

また今後、Appleは「AirPlay」のアップグレード機能「AirPlay 2」を実装する予定だ。「AirPlay 2」があれば、2台以上の機器に音声を同時出力できるようになる。

これは「iOS 11」もしくは「tvOS 11」でリリースが発表されている機能で、Macでも同機能が利用できるようになるかは不明となっている。

また、「AirPlay 2」の実装は当初の予定から大幅に遅れており、現時点でも最新の「iOS 11.2.6」への実装は行われていない。

ただ、「AirPlay 2」がmacOSにも実装された場合、前述したiTunesだけでなく、Macの音声全てを複数のAirPlay対応機器に出力できるようになるはずだ。

もし、今回紹介した方法で同時に音声出力ができない、もしくは音ズレなどで満足のいく環境を作ることができなかった場合は、全てのデバイスを有線でつなぐなど他の方法をとるか、「AirPlay 2」が実装されるのを待つしかないだろう。

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。