Apple、Macアプリの64bit化に関する新たなサポートドキュメントを公開

昨年6月、Appleは開発者向け公式サイトでiOS・Macアプリの64bit化が必須になることを発表した。

このうち、すでにiOSでは32bitアプリはサポート外となっており、現在は起動できない仕様になっているが、Macアプリに関しては今年6月から64bit化が必須になることがアナウンスされている。

このMacアプリの64bit化について、Appleが新たにサポートドキュメントを公開。32bitアプリを起動した際の挙動や、完全64bit化までのスケジュールについて改めて説明している。

最新macOSでは32bitアプリ起動時にアラートが表示

3月末に公開された正式版「macOS High Sierra 10.13.4」では、32bitアプリを起動すると、そのアプリがMac向けに最適化されていないという旨のアラートが表示される。

このアラートは32bitアプリが起動された際に1度だけ表示されるようになっているが、現時点ではそのまま利用することが可能。Appleも、現時点で32bitアプリを利用していても、データやコンピュータに悪影響はないと説明している。

さらに、Appleは64bit化のスケジュールについても言及。現時点では64bit化の最終移行日は決定していないとのことだが、6月以降には全てのMacアプリが64bitをサポートしている必要があるようだ。このスケジュールから察するに、「WWDC 2018」で詳しい説明があるものと考えられる。

まだMacアプリの完全64bit化まではいくらか猶予があるが、開発者はいずれにしても対応が求められることになる。64bit化が済んでいないMacアプリがある開発者の方々は、早めに対応しておくことをオススメする。

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。