Mac版 「Swift Playgrounds」 が配信開始。Mac CatalystによってiPad版を移植

現地時間2月11日、AppleはMac版 「Swift Playgrounds」 をMac App Storeで提供開始した。

「Swift Playgrounds」 は無料でダウンロード可能で、利用するためにはmacOS Catalina 10.15.3をインストールしている必要がある。

Mac版 「Swift Playgrounds」 が配信開始

「Swift Playgrounds」 は、Swiftのコードの書き方を楽しく学ぶことができるプログラミング学習アプリ。これまではiPad向けにのみ配信されていたが、iPad向けアプリをMacでも利用できるようにする 「Mac Catalist」 によりMac向けにも配信が開始された。

ダウンロードはこちら (Mac App Store) から可能。Swiftを勉強したい方はぜひダウンロードを。

関連記事
MacBook Pro 16インチ (2019) レビュー | キーボード・スピーカーが進化した次世代プロモデル。最新13インチモデルとも比較
iPad Pro 11インチ レビュー | 新型モデルの良さはどこに?

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。