2018年後半に「MacBook」13インチモデルが新登場か

Appleは、今年後半に12インチ「MacBook」のワンサイズ上となる13インチ「MacBook」を発表する予定なのかもしれない。

工商時報によると、General Interface Solution Holding Limitedは、AppleからMacBook(13-inch)のパネルモジュールを受注したとのこと。同モデルは2018年後半に発売する予定となっているようだ。

もし本当に13インチモデルが登場するのであれば、もう少し画面の大きなモデルが欲しかったMacBookユーザーにとっては嬉しいニュースとなるかもしれないが、同時にAppleのラインナップのひとつが終焉を迎える可能性がある。

macbook-air

それは、「MacBook Air」の廃止。現在、Appleは「MacBook Air」の13インチモデルのみを販売しており、中身のプロセッサなどは定期的にアップデートされているものの、デザインやディスプレイ解像度などは未だに変更がない。近いうちに、「MacBook Air」の廃止が囁かれていたが、もしかすると「MacBook」13インチモデルとして生まれ変わる可能性もありそうだ。

ちなみに、General Interface Solution Holding Limitedは、新型モデルのノートブックパネルモジュールの生産をすることになったことで、同社の収益は10%増加することが予想されている。

[ via Macお宝鑑定団Blog ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。