新型「MacBook Air」、WWDCで発表か 11インチ型の廃止の可能性も

macbook-air最近AppleMac関連のアップデートを急ピッチで進めている。

iMacに関しては、昨年登場した27インチモデル「iMac Retina 5Kディスプレイモデル」に加えて、先日21.5インチモデルも「iMac Retina 4Kディスプレイモデル」にアップデートされ、話題を呼んだ。

MacBook関連に至っては、今年新たに「MacBook」が登場し、「ラップトップ型Mac」ユーザーの選択肢を大幅に広げることに成功している。

だが、「MacBook Air」に関しては、新型が登場したもののスペックの向上があまりなされておらず、ガッカリしたユーザーも少なくないのではないだろうか。

だが、「MacBook Air」ユーザーに朗報だ。来年の「WWDC2016」で新型の「MacBook Air」が登場するとのことだ!

スペックが劇的に向上、さらに薄く

Macお宝鑑定団Blog (羅針盤)によると、来年にアメリカで開催される「WWDC2016」で新型「MacBook Air」が登場するかもしれないとのこと!

新型「MacBook Air」は、現行モデルよりも更に薄くなり、スペックの向上によりパフォーマンスが劇的に進化すると予想されているようだ。

さらに驚きなのが、現在販売されている11インチモデルの「MacBook Air」は廃止され、新たに15インチモデルの投入を予定しているとのこと!

どうやらこれは「iPad Pro」の販売に伴っての変更になるようで、おそらくAppleは、性能の高い「iPad Pro」との競合を避ける狙いがあると思われる。

「MacBook Air」ユーザーからすれば良い知らせなのかどうかは分からないが、MacBookの変革が着実に進められていることを考えると、これほどの変更は十分に考えられる。今後の続報に期待しよう。

[ via Macお宝鑑定団Blog (羅針盤) ]

macbook-air
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう