Apple、MacBook ProやMacBook Airのバタフライキーボード無償修理プログラムを提供開始

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

5月22日、AppleはMacBook ProやMacBook Airなどを購入したユーザー向けに、「MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム」 の提供を開始したことを発表した。

「MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム」 は、特定のMacBook、MacBook Air、MacBook Proモデルのごく一部のキーボードにおいて不具合が生じる可能性があることが判明したことを受けて提供が開始されることが決まった。下記の症状が確認されたデバイスは、同プログラムを使って無償で修理することが可能だ。

  • 文字が勝手に反復入力される
  • 文字が表示されない
  • 押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない

修理方法は、1つまたは複数キーの交換、場合によってはキーボード全体の交換が必要になる場合もあるとのこと。

同プログラムの対象となるMacは以下の通り。各製品の販売開始から4年間適用されるという。

  • MacBook (Retina, 12-­inch, Early 2015)
  • MacBook (Retina, 12­-inch, Early 2016)
  • MacBook (Retina, 12-­inch, 2017)
  • MacBook Air (Retina, 13-inch, 2018)
  • MacBook Pro (13­-inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2016)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2017)
  • MacBook Pro (13-inch, 2018, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2018)
  • MacBook Pro (13-inch, 2019, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2019)

注:上記以外のモデルは本プログラムの対象外。

同修理はApple正規サービスプロバイダ、Apple Store直営店の店頭で可能なほか、配送による修理にも対応する。すでに有償で修理した方については返金も行われるとのことなので、該当する方はAppleに問い合わせを。

【関連記事】
Apple、「MacBook Pro (2019)」 を突如発売 初の8コアプロセッサ搭載。改良された新バタフライキーボードも搭載
Apple、MacBookのキーボード修理を翌日までに完了するよう従業員に指示

▼ Apple公式サイトでMacBook製品をチェック
MacBook Air
MacBook Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。