Apple、「MacBook Pro ビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラム」を延長へ

Appleは、「MacBook Pro」のビデオ関連の不具合に関する修理プログラム「MacBook Pro ビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラム」の実施を2016年12月31日まで延長すると伝えている。

プログラム期間を延長、まだ修理をしていない人はお早めに

macbook-pro1

「MacBook Pro ビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラム」は、MacBook Proの一部で、ビデオ(画像)が歪んだり、画面に何も表示されない、システムが突然再起動するという問題が発生することが判明しているためAppleが実施している修理プログラムだ。

当初、同プログラムの実施期間は「MacBook Pro」の最初の小売販売日から3年間または2016年2月27日まで (いずれか期間の長い方)となっていたが、最初の小売販売日から4年間、または2016年12月31日までのいずれか期間の長い方に変更されている。

該当機種は以下のとおりだ。修理は無償となっているので、もし該当機種を持っている人で修理を行っていない人は早めのうちに修理に出しておくことをお勧めする!

  • MacBook Pro (15-inch Early 2011)
  • MacBook Pro (15-inch, Late 2011)
  • MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2012)
  • MacBook Pro (17-inch Early 2011)
  • MacBook Pro (17-inch Late 2011)
  • MacBook Pro (Retina, 15 inch, Early 2013)

同プログラムの詳細については、こちらからどうぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。