iFixitがMacBook Pro(2019)の分解レポートを公開 バタフライキーボードはナイロン製メンブレンでわずかに改良か

今週水曜、Appleは突如新型MacBook Proを発表し、世間を驚かせた。新型MacBook Proは、最大8コアの新しいプロセッサを搭載したことによって、上位モデルの処理性能が大幅に引き上げられたことが判明しているが、それ以外にも不具合が頻発していたバタフライキーボードの改良も行われていることが明らかになっている。

Appleによると、MacBook Pro(2019)に搭載されているのは第3世代バタフライキーボードの改良版。キーボードに新しい素材を使用したことで、安定性の向上など改良が行われているというが、これが事実であるか分解のスペシャリストであるiFixitが、発売されたばかりのMacBook Pro(2019)を分解し確かめた。

バタフライキーボードはわずかに改良も、根本的な解決には至らず?

iFixitの分解によって、MacBook Pro(2019) のキーボードがどのように改良されたのかが明らかになった。

まずキーボードのスイッチを覆うメンブレンの素材がこれまでのポリアセチレン製からナイロン製に置き換わっているとのこと。2018年モデルのメンブレンはシリコンのような半透明だったのに対し、2019年モデルは 「よりクリアで、より手触りが滑らかになった」 とiFixitは伝えている。

そして各キーの下にあるドームスイッチに対しても改良が施されており、新しい表面処理や微調整が行なわれているという。

Appleはこの新バタフライキーボードに関して具体的にどう直したのかを発表していないが、iFixitの調査のおかげで改良が加えられているのか、どう改良されたのかが明らかに。文字が意図せず反復入力される、押したキーが正常に戻ってこない、文字が入力できないなどの、これまで頻発してきた不具合(問題)を解決することができているのかもしれない。

ただし、この改良された第3世代バタフライキーボードを搭載したMacBook Pro(2019) は、同デバイスが発売した際に同時に発表された修理プログラム 「MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム」 の対象に早速なっていることから、同キーボードの問題を根本的に解決することはできていない可能性がある。

ちなみに、iFixitはMacBook Pro(2019) を行なったが、同デバイスはMacBook Pro(2018)から内部構造は変わっていないことを報告している。

分解レポートの最後にはリペアスコアといって、修理のしやすさを示す評価を行なっているのだが、2018年モデルと同じく10点中1点と最低評価を下している。もし故障したとしても、ユーザー自身の手で修理するのは難しいようだ。

【比較】MacBook Pro(2019)とMacBook Pro(2018)のスペック・仕様の違いを徹底比較

【徹底比較】MacBook Pro(2019) 13インチと15インチモデル、どちらを買うべき?

【2019年版】13インチMacBook ProはTouch Barありとなし、どちらを買うか。スペック・価格で徹底比較

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。