M1チップを搭載した新型MacBook Airが正式発表。スペック、仕様、価格、発売日などまとめ

現地時間11月10日、Appleは新製品発表イベント 「One more thing.」 を開催し、独自開発チップ 「Apple Silicon」 を搭載した新型MacBook Airを発売することを正式に発表した。

本製品は本日(11月11日)から予約受付が開始され、来週に発売予定。オンラインでの予約はApple公式サイトから。

Apple Siliconを搭載した新型MacBook Airが登場

今回発表された新型MacBook Airは、Appleの自社製プロセッサチップ 「Apple Silicon」 を搭載したラップトップMac。

デザインは従来製品から大きくは変わっていないが、プロセッサを初のApple Siliconとなる 「M1チップ」 に置き換えることで、低電力化とパフォーマンスの高速化を実現したモデルだ。

「M1チップ」 は、Macのために開発された初のApple Siliconプロセッサ。iPhoneやiPad、Apple Watchに搭載されているAシリーズプロセッサ (たとえばA14 Bionicなど) と同様のアーキテクチャを使用し、これらのデバイスとの親和性を高めながら、同時にMacに最適な形の低電力および高パフォーマンスを引き出すことが可能。

従来のMacBook Airに比べてパフォーマンスは最大3.5倍、グラフィックは最大5倍高速に。SSDも従来に比べて2倍に。さらにニューラルエンジンによって先代モデルに比べて最大9倍の高速化を実現している。

性能は向上するが、やはり発熱は抑えられているらしくファンレス仕様になっているのが今回のMacBook Airの特徴。バッテリーも最大15時間のインターネット、最大18時間の動画再生が可能。これまでのMacBook Airで最も長い駆動時間になっているが、これは間違いなく効率の高い 「M1チップ」 による恩恵だろう。ちなみに最大メモリは16GBまで増量可能だ。

ちなみに今回の新型MacBook Airはディスプレイの性能が向上している。P3の広色域に対応しているため、映像・画像コンテンツを正しい色で表示することが可能になった。

また、搭載されているポートもUSB4に対応したThunderboltポートが2つに置き換えられたほか、最新のWi-Fi規格であるWi-Fi 6もサポート。そして自動ホワイトバランス機能と機械学習によって顔検出が強化されるなど内蔵カメラも性能が向上しているという。

MacBook Airの価格は104,800円(税別)から。本日からApple公式サイトで予約受付が開始されている。

関連記事
Apple、Macの独自チップ 「Apple シリコン」 への移行計画を発表。初ARM版Macは2020年末に登場へ

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。