【2020年最新比較】MacBook AirとMacBook Proの性能・違いを一挙比較。オススメはどのモデル?Apple Silicon搭載モデル網羅

Appleが販売するラップトップ 「MacBook」 シリーズには、現時点で 「MacBook Pro」 と 「MacBook Air」 の2種類のラインナップが存在する。

このうち、プロセッサやグラフィックなどの性能が高くプロユーザー向けとして販売されているのが 「MacBook Pro」 、エントリーモデルとして手頃な価格で販売されているのが 「MacBook Air」 となる。

しかしもともとMacBook Proには3種類のモデルが用意されていただけでなく、2020年11月にはAppleの独自プロセッサ 「M1チップ」 が搭載された新型 「MacBook Air」 と 「13インチ MacBook Pro」 が発表されたことで、ラインナップはやや複雑化してしまった。どのモデルを選べば良いか迷っている方もいるのではないだろうか。

そこで、当記事では各モデルの性能や特徴を比較形式でまとめた上で、どのモデルがどんなユーザーに向いているのかを解説する。比較は以下から。購入検討の際の参考になればと思う。

大前提:比較するべきはMacBook Airと13インチMacBook Pro

まずこの記事を読むにあたって、MacBookシリーズにはどんなモデルが用意されているのか理解しておく必要がある。

Appleがいま販売しているMacBookは、MacBook AirとMacBook Pro(13インチ)、MacBook Pro(16インチ)。そして、MacBook Pro(13インチ)にはエントリーモデルと上位モデルの2種類が用意されているため、MacBook全体のラインナップは全部で4種類ということになる。

  MacBook Air(M1,2020) 13インチMacBook Pro(M1,2020) 13インチMacBook Pro(4ポート,2020) 16インチMacBook Pro(2019)
プロセッサ Apple Silicon (M1チップ)  Intel プロセッサ
発売年月 2020年11月 2020年5月 2019年11月
価格(税別) 256GB:104,800円〜
512GB:129,800円〜
256GB:134,800円〜
512GB:154,800円〜
512GB:188,800円〜
1TB:208,800円〜
下位モデル:248,800円〜
上位モデル:288,800円〜

このうちMacBook Airと比較するのに最も適しているのはMacBook Pro(13インチ)。MacBook Pro(16インチ)は本体サイズや内蔵プロセッサ、グラフィックの能力など他モデルとの差が大きすぎるため、少なくとも下位モデル(MacBook Airなど)の購入を検討している方は、16インチMacBook Proを考慮する必要はあまりないだろう。

ただし、そうは言っても16インチMacBook Proとも比較したい人がいると思うため、この記事の一番下に比較表を用意しておいた。MacBook AirとMacBook Pro(16インチ)を比較したい方はぜひそちらをご覧いただきたい。

プロセッサの処理能力・グラフィック性能

プロセッサの性能はまだ未確定だが、M1チップモデルの方が性能が高い可能性も

まずはじめにプロセッサの性能について。MacBook Pro(2019/2020)とMacBook Air(2020)に搭載されているプロセッサは以下のとおり。

  MacBook Air(M1,2020) 13インチMacBook Pro(M1,2020) 13インチMacBook Pro(4ポート,2020) 16インチMacBook Pro(2019)
プロセッサ

256GBモデル
Apple M1チップ
・8コアCPU(高性能×4/高効率×4)
・7コアGPU
・16コアNeural Engine

512GBモデル
Apple M1チップ
・8コアCPU(高性能×4/高効率×4)
・8コアGPU
・16コアNeural Engine

標準搭載
Apple M1チップ

・8コアCPU(高性能×4/高効率×4)
・8コアGPU
・16コアNeural Engine

標準搭載
第10世代 Intel Core i5
・2.0GHz/4コア
・TB使用時最大3.8GHz
・6MB L3キャッシュ

※オプション
第10世代 Intel Core i7
・2.3GHz/4コア
・TB使用時最大4.1GHz
・8MB L3キャッシュ

512GBモデル
第9世代 Intel Core i7
・2.6GHz/6コア
・TB使用時最大4.5GHz
・12MB共有L3キャッシュ

1TBモデル
第9世代 Intel Core i9
・2.3GHz/8コア
・TB使用時最大4.8GHz
・16MB共有L3キャッシュ

※オプション
・第9世代 Intel Core i9
・2.4GHz/8コア
・TB使用時最大5.0GHz
・16MB共有L3キャッシュ

このうち、MacBook Air(2020)とMacBook Pro(13インチ, エントリー)には2020年11月にAppleが発表した独自開発の新Apple Siliconプロセッサ 「M1チップ」 が搭載されている。MacBook Pro(13インチ)とMacBook Pro(16インチ)には引き続きIntelの高性能プロセッサが搭載されている。

M1チップとは

M1チップとは、Macのために開発された初のApple Siliconプロセッサ。5nmプロセスを採用し160億トランジスタを搭載した8コアプロセッサで高性能コア4つ、高効率コア4つで構成されている。処理性能は一般的なラップトップ向けチップに比べて2倍以上のパフォーマンスを発揮するが、省電力性も高く従来から1/3に抑えられているという。

GPUも8コア構成になっており、約25,000スレッドを一度に処理することが可能。ニューラルエンジンは16コア構成で、Thunderbolt/USB 4もサポートする。

まず先に注意喚起しておくと、(現時点における) 各MacBookの性能はどのモデルが優れているのかはわかっていない。

仮にこれまでの 「上位モデルの方が性能が高い」 という定石通り、各モデルの標準構成のプロセッサを性能順に並べると、MacBook Air<MacBook Pro(13インチ, エントリーモデル)<MacBook Pro(13インチ)<MacBook Pro(16インチ)となるが、現時点で 「M1チップ」 の性能が一体どれくらいのものかがまだ未知数なため、どの順番で性能が高いのかは不明。

M1チップを搭載した新型MacBookについて、Appleは従来モデルから大幅な性能向上を謳っていて、MacBook Airはパフォーマンス最大3.5倍、グラフィック最大5倍高速化、MacBook Proはパフォーマンス最大2.8倍、グラフィック最大5倍高速化と伝えている。

各モデルのベンチマーク比較
端末名 発売年 プロセッサ シングルコアスコア マルチコアスコア
MacBook Air(M1) 2020 Apple M1チップ 不明
(950→???)
不明
(1971→6899?)
MacBook Pro(13-inch, M1) 2020 Apple M1チップ 不明
(925→???)
不明
(3852→10785?)
MacBook Pro(13-inch, Intel) 2020 Core i5-1038NG7
(2.0GHz)
1167 4437
Core i7-1068NG7
(2.3GHz)
1374 4843
MacBook Pro(16-inch, Intel) 2019 Core i7-9750H
(2.6GHz)
1014 5627
Core i9-9880H
(2.3GHz)
1106 6588
Core i9-9980HK
(2.4GHz)
1179 7097

また、今月5日にA14Xを搭載したMacのベンチマークスコアが発見され話題になっており、もしこれが 「M1チップ」 を搭載したMacだった場合、16インチMacBook Proに迫る、もしくはそれ以上の性能となる。すると、もしかすると性能順はMacBook Pro(13インチ)<MacBook Pro(16インチ)<MacBook Air<MacBook Pro(13インチ, エントリーモデル)になる可能性も。

少なくともM1チップの性能がわからない以上、上記の関係式が成り立たない可能性があることに注意が必要だが、M1チップを搭載したMacは我々が想像している以上に高い性能を持っている可能性がある。

ちなみにMacBook Airはファンレス仕様だが、MacBook Pro(M1チップ搭載モデル)はアクティブ冷却システムを搭載しているため、同じM1チップを搭載していたとしてもMacBook Pro(M1チップ搭載モデル)の方が処理性能は上になるだろう。

各MacBookの処理性能については、今後詳細が判明次第追記予定。

Intelプロセッサを搭載したモデルは上位モデルほど性能が高い

Intelプロセッサを搭載した13インチMacBook Proと16インチMacBook Pro同士で比較した場合は、上位モデルにいくにつれて性能が高くなる。下位モデルでもCTOオプションを利用することで上位モデルに性能を近づけることができるが、基本的には高い処理能力が必要なのであれば上位モデルを購入する必要がある。

13インチMacBook ProはCore i5(クアッドコア)からCore i7(クアッドコア)に、そして16インチMacBook ProはCore i5(6コア)からCore i9(8コア)のプロセッサに変更することが可能だ。

  13インチMacBook Pro(4ポート,2020) 16インチMacBook Pro(2019)
プロセッサ

標準搭載
第10世代 Intel Core i5 (2.0GHz/4コア)
・TB使用時最大3.8GHz
・6MB L3キャッシュ

※オプション
第10世代 Intel Core i7 (2.3GHz/4コア)
・TB使用時最大4.1GHz
・8MB L3キャッシュ

512GBモデル
第9世代 Intel Core i7 (2.6GHz/6コア)
・TB使用時最大4.5GHz
・12MB共有L3キャッシュ

1TBモデル
第9世代 Intel Core i9 (2.3GHz/8コア)
・TB使用時最大4.8GHz
・16MB共有L3キャッシュ

※オプション
・第9世代 Intel Core i9 (2.4GHz/8コア)
・TB使用時最大5.0GHz
・16MB共有L3キャッシュ

今回の新型M1チップ搭載MacBook Air、MacBook Proが登場したことで、各モデルの性能順位は大きく変動することになりそうだ。ただし、MacBookの各モデルの差別化はプロセッサだけに留まらないことから、プロセッサの性能差だけでどのモデルを購入するかを決めるにはやや危険と言える。画面の性能や各ポートの仕様など細かい点をチェックして、どのモデルを購入するべきか検討するべきだろう。

ひとつ言えることは、もし最初からエントリーモデルのMacBook AirあるいはMacBook Proを購入するつもりなのであれば、性能的には悪くはなさそうということだ。ただしM1チップ(Apple Silicon)への移行で快適に使えるかどうかはまた別の話だが。

グラフィック

グラフィック能力に関しては、基本的に上位モデルになるにつれて性能が高くなるのがこれまでのお決まりだったが、今回のM1チップの導入によってこの関係性が崩れてしまった可能性がある。

これまで
MacBook Air<MacBook Pro(13インチ, エントリーモデル)<MacBook Pro(13インチ)<MacBook Pro(16インチ)

これから
???

これまではグラフィックに優れているのは、やはり独立GPUが搭載されている16インチMacBook Proだった。MacBook Airと13インチMacBook Proについても性能に違いがあったものの、そもそもどちらも内蔵GPUであるためそこまで圧倒的な違いがあるとは言いづらかった。

しかし、AppleによればM1チップは従来のMacBook Air・MacBook Pro(13インチエントリーモデル)のグラフィック性能を最大5倍向上させているという。もしこの数字が正しいと仮定するならば、各モデルのグラフィック性能は以下の表のとおりになる可能性がある。

グラフィック性能比較
端末名 発売年 GPU OpenCL Metal
MacBook Air(M1) 2020 Apple M1チップ 不明
(6340→31700?)
不明
(6765→33825?)
MacBook Pro(13-inch, M1) 2020 Apple M1チップ 不明
(7131→35655?)
不明
(6957→34785?)
MacBook Pro(13-inch, Intel) 2020 Intel Iris Plus Graphics 8019 9537
MacBook Pro(16-inch, Intel) 2019 AMD Radeon Pro 5500M
(4GB GDDR6)
29734 27512
AMD Radeon Pro 5500M
(8GB GDDR6)
33024 30972
AMD Radeon Pro 5600M
(8GB HBM2)
39952 44021

なんとM1チップを搭載したMacBook Air、MacBook Proは、MacBook Pro 13インチの上位モデルはおろか、16インチMacBook Proの下位モデルよりも高いグラフィック能力を持つ可能性がある。あくまで過去モデルのGeekbenchのスコアを基に仮計算したもので、実際にこの通りの数字になるかどうかは不明だが、とはいえ従来比5倍は並大抵の変化ではない。すくなくともM1チップを搭載したことで現行のプロモデルの性能に近づいたと考えていいのではないだろうか。

これらを踏まえて、もし筆者がオススメするならば以下のとおりとなる。※ただしこの評価はあくまで「上記のベンチマークの数字が正しかった場合」という前提があってのもので、実際のベンチマーク結果によってはのちに評価が変化する可能性があることに注意していただきたい。

MacBook Air(M1チップ搭載モデル)
ライトユーザーからミドルユーザー向け。メモやメール、TwitterやFacebook、YouTubeの視聴など一般的な作業に使用するユーザーに向くが、M1チップの性能によっては動画・画像編集も快適になる可能性も秘める。P3広色域に対応し、最大6K出力も可能になったことからプロレベルの作業もこなせるように。もし動画や画像の編集などをする機会が多いならば16GBにメモリ増量しておくといいかもしれない。バッテリー持ちも長いため、持ち運びする機会が多いユーザーにもオススメ。Touch ID搭載、Touch Bar非搭載。

13インチMacBook Pro (エントリーモデル)
ミドルユーザーからハイエンドユーザーにオススメ。メモやメール、TwitterやFacebook、YouTubeなど一般的な作業に加えて、+αの作業をするライトユーザー向け。ブログや画像編集もこなせる上に、プロセッサの性能向上によってプロレベルの高度な作業も可能なレベルに。バッテリー持ちも長いため、持ち運びする機会が多いユーザーにもオススメ。ただし懸念点としてApple Siliconへの移行によって利用できないサービスやアプリがある可能性があるため、メインデバイスとして使用するにはややリスクもあり。Touch ID、Touch Barともに搭載。Thunderbolt/USB4ポートは2ポート。

13インチMacBook Pro (上位モデル)
プロレベルの作業に最適。プロセッサの処理能力も高いため、何か作業をしながら他の作業をするマルチタスクを要求する場合に購入したい。画像編集にも十分使用できるが、複数枚のRAW画像現像や編集など高いグラフィック能力を必要な作業には少し厳しいと感じることもある。またグラフィック性能が底上げされていて、6Kの映像出力が可能になっている。13インチMacBook Pro (エントリーモデル)よりも数値上の性能は低いかもしれないが、安定して動作するためプロユーザーには安心の1台とも言える。Touch ID、Touch Bar搭載。Thunderbolt/USB4ポートは4ポート。

16インチMacBook Pro
CPU性能・グラフィック性能ともにハイスペック。主に高いグラフィックを要求する作業をする際に必要で、高解像度の動画や写真の編集に最適。大きな画面が必要な場合を除き、TwitterやFacebookなどのSNS、YouTubeなどを視聴する程度であればオーバースペック。Touch ID、Touch Bar搭載。大きくて重く持ち運びには不向き。

▶︎ Apple公式サイトで各Macを比較

eGPUはApple Silicon (M1チップ) 搭載モデルでは使えない

グラフィック性能に関しては外付けのeGPUを使用することで、MacBookのグラフィック性能を底上げすることが可能だったが、それはIntelプロセッサ搭載モデルのみで可能。Apple Silicon (M1チップ) 搭載モデルでは残念ながらeGPUを利用することができないようなため、外部アクセサリを使ってMacのグラフィック性能を引き上げることは残念ながら不可能のようだ。

Intelプロセッサ搭載モデルについては、当たり前だがこれからも引き続きeGPUを利用することが可能。以前はApple公式サイトで 「Blackmagic eGPU Pro」 という製品が販売されていたが、同製品はすでに販売終了となってしまっているため、現在はOWCやAKiTiOなどサードパーティの製品を購入する必要がある。

eGPUはやや特殊な製品であることから初心者には取り扱いが難しいところもあるため、高いグラフィック性能が必要な方には 「MacBook Pro 16インチモデル」 の購入を筆者は個人的にオススメしている。

ちなみに、筆者はIntelプロセッサを搭載した13インチMacBook Pro(2020)の上位モデルを仕事用のメインデバイスとして使っており、MacBook Air(2020)をプライベート用もしくはサブ機として使用している。13インチMacBook Pro(2020)の上位モデルは画像編集ができるそこそこ高い性能であるため、記者発表会など高解像度写真を即座にアップロードしないといけない場合に愛用している。

最大RAM(メモリ)容量

MacBookシリーズは、モデルごとに最大メモリ容量が異なる。

今回、M1チップを搭載したMacBook AirとMacBook Pro(13インチ)は8GBと16GBから選ぶことが可能だ。

上位モデルの13インチMacBook Proは16GBと32GB、16インチMacBook Proは16GBと32GB、64GBの中から選ぶことが可能だ。

  MacBook Air(M1,2020) 13インチMacBook Pro(M1,2020) 13インチMacBook Pro(4ポート,2020) 16インチMacBook Pro(2019)
メモリ 8GB/16GB 16GB/32GB 16GB/32GB/64GB

メモリはよく机の広さに例えられる。メモリの容量が多くなることで作業スペースが広くなり作業効率が高まるが、これはPCにおいても同じことが言える。特に複数のアプリを開きっぱなしにする機会の多いMacの場合は、iPhoneやiPadと違ってメモリの消費量が多くなりがちなため、メモリ容量はなるべく多いものを搭載するべき。これが鉄則だ。

ただし、M1チップを搭載したMacBook AirとMacBook Pro(13インチ)はメモリの仕様がほか2機種と異なる上に、M1プロセッサの搭載でMacはより最適化されている可能性があることから、以前のように必ずしもメモリは16GBを推奨とは言えないのも事実。これから購入する方はメモリ増量をしておいた方が無難だろうが、もし購入までに猶予があるのであれば当サイトで検証レビューを掲載する予定なのでその記事の公開を待ってからでも遅くはないのではないだろううか。

Touch ID・Touch Bar

昨年のアップデートですべてのラップトップ型MacにTouch IDが搭載されるようになっており、もちろん本日発表されたMacBook Air13インチMacBook ProにもTouch IDが搭載されている。ちなみに、iPhoneやiPad Proに搭載されているFace IDはいずれのモデルにも搭載されていない。

  MacBook Air(2020) 13インチMacBook Pro(2020) 13インチMacBook Pro(2019)
エントリーモデル 上位モデル
Touch ID
Touch Bar ×
Face ID ×

Touch IDはキーボード右奥に配置された指紋認証センサー。指を置くだけでMacのロック解除、Apple Payの支払い、各種ログインがこなせる便利なヤツだ。

これまではMacBook AirとMacBook Proの上位モデルにしか搭載されていなかったが、昨年から13インチMacBook Proのエントリーモデルにも搭載されるようになったことで、すべてのMacBookシリーズでTouch IDが利用できるように。

ただしTouch Barについては搭載されるモデルが完全に分けられている。MacBook Airは非搭載、MacBook Proは搭載。

Touch Barはファンクションキーの代わりに置かれているサブの有機ELディスプレイだ。アプリケーションによって表示される内容が変化する仕様で、たとえば音楽や動画を再生しているときはシークバーが表示されたり、画像編集アプリではコントラストや露光量、彩度のスライダー調節が可能。テキストを打っているときはフォントサイズなどのテキストオプション、各種ツールが表示されるといった具合だ。

すべてのMacBook ProにTouch Barが搭載されるようになったためTouch Barが要らない方はMacBook Airを、Touch Barが欲しい方はMacBook Proを買うというように選び方はシンプルになった。ただし、MacBook Pro購入希望者の中には 「Touch Barは不要」 と感じている人もいるだろうが、前述のとおりMacBook Proを購入すると自動的にTouch Barがついてきてしまうため、そこは諦めが必要かもしれない。

Touch Barに関しては賛否両論だが、筆者は画面輝度をギリギリまで下げることができたり、PDFなどでマークアップが簡単なので地味に便利に感じているが、代わりにバッテリー持ちが悪くなってしまうというデメリットもあるため、Appleにはその点の改善をお願いしたい。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

カラーラインナップ。ゴールドモデルが欲しい方はMBAを

本体カラーはMacBook Airの方が種類が多い。

MacBook Proのカラーラインナップはシルバーとスペースグレイの2色のみだが、MacBook Airの場合はシルバーとスペースグレイに加えてゴールドの3色展開。

カラーラインナップ
MacBook Air(M1,2020) 13インチMacBook Pro(M1,2020) 13インチMacBook Pro(4ポート,2020) 16インチMacBook Pro(2019)
・ゴールド
・シルバー
・スペースグレイ
・シルバー
・スペースグレイ

現行モデルのゴールドカラーはMacBook(2017)のローズゴールドのような可愛らしいものではなく、どちらかというと高級感の漂う色で、老若男女問わず人気の高いカラーだ。

また、iPhone 11 ProやiPhone 11 Pro Maxのゴールドカラーと相性が良く、カラーを揃えたい方もいるはず。そんな方はMacBook Airの購入を視野に入れてみてはどうだろうか。

Thunderbolt 3ポートの違い

MacBook Pro・MacBook Airには、Thunderbolt 3(USB-C)ポートもしくはThunderbolt / USB 4ポートが複数個 搭載されている。Intel搭載モデルがThunderbolt 3(USB-C)ポート、M1プロセッサ搭載モデルがThunderbolt / USB 4ポートだ。

Thunderbolt / USB 4ポートとThunderbolt 3(USB-C)ポートには規格的な違いはあるものの、基本的には似た仕様になっているため一般ユーザー的にはあまり考える必要はないだろう。どちらもThunderbolt 3の最大40Gb/s、もしくはUSB 3.1 Gen 2の最大10Gb/sの高速転送が利用できる。

ただし注意しなくてはいけないのは前述のとおりM1プロセッサ搭載モデルはeGPUを使えないという点と、搭載されているポートの数が異なるということ。

  MacBook Air(M1,2020) 13インチMacBook Pro(M1,2020) 13インチMacBook Pro(4ポート,2020) 16インチMacBook Pro(2019)
ポート Thunderbolt 3(USB 4)ポート × 2 Thunderbolt 3(USB-C)ポート × 4
eGPUのサポート ×

各モデルのThunderbolt 3(USB-C)ポートの数は上記表の通りで、MacBook Airは左側面に2つ。13インチMacBook Pro (エントリーモデル) も左側面に2つ。MacBook Pro 13インチ・16インチモデルについては左右に2つずつの合計4つとなっている。

このUSB-C/Thunderbolt 3ポートはデータ転送のほか、画面出力やバッテリーの充電に使えるため、左右にあったほうがどちらかというと便利だが、使い方によっては2ポートで十分事足りる場合もあるため、そこはユーザー次第と言えるだろう。

また、出力できる外部ディスプレイに違いがあることにも注意が必要だ。

M1チップを搭載したMacBook Airと13インチMacBook Proは最大6Kのディスプレイ1台に出力が可能で、Intelプロセッサを搭載した13インチMacBook Proは6K/5Kディスプレイは1台まで、4Kディスプレイは2台まで画面出力が可能、そして16インチMacBook Proは6K/5Kディスプレイが2台まで、4Kディスプレイはなんと4台まで画面を出力することが可能だ。

画面出力
モデル名 出力仕様
MacBook Air(M1,2020) 6K(6,016 x 3,384):60Hz/1台まで
5K(5,120 x 2,880):60Hz/1台まで
4K(4,096 x 2,304):60Hz/1台まで
MacBook Pro
(13インチ,M1,2020)
6K(6,016 x 3,384):60Hz/1台まで
5K(5,120 x 2,880):60Hz/1台まで
4K(4,096 x 2,304):60Hz/1台まで
MacBook Pro
(13インチ,Intel,2020)
6K(6,016 x 3,384):60Hz/1台まで
5K(5,120 x 2,880):60Hz/1台まで
4K(4,096 x 2,304):60Hz/2台まで
MacBook Pro
(16インチ,Intel,2019)
6K(6,016 x 3,384):60Hz/2台まで
5K(5,120 x 2,880):60Hz/2台まで
4K(4,096 x 2,304):60Hz/4台まで

このことから2枚以上のディスプレイに映像を出力したいのであれば、Intelプロセッサが搭載されたMacBookを購入するべきだろう。3枚以上のディスプレイに映像を出力することを前提とするならば、16インチMacBook Proが必要だ。

特に4Kディスプレイの出力台数には注目が必要だ。Intelプロセッサを搭載した16インチMacBook Proは4台まで、13インチMacBook Proは2台までの出力に対応しているのに対し、M1チップを搭載したMacBook Air、13インチMacBook Proは1台までしか出力することができない。これは新たに搭載されたThunderbolt/USB 4ポートの仕様によるものであるとのことだ。

もし4Kディスプレイを複数所有していて、デュアルディスプレイ環境、もしくは本体の画面と合わせてトリプルディスプレイ環境で作業をしたい場合は、引き続きIntelプロセッサを搭載したMacBook Proを選ぶ必要がある。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

搭載キーボードについて

これまでのMacBookにはバタフライ構造キーボードが搭載されてきたが、2019年に登場した16インチMacBook Proにシザー構造の 「Magic Keyboard」 が初めて搭載され、さらに2020年3月にはMacBook Airに、5月には13インチMacBook Proのエントリーモデル・上位モデルの両方にこのシザー構造キーボードが搭載された。これですべてのMacBookのキーボードが最新式に置き換わったことになる。

Magic Keyboardは、多くの問題を抱えていたバタフライ構造キーボードを根本から改善したもの。iMacやiMac Pro向けキーボード 「Magic Keyboard」 と同じシザー構造を採用し、キーストロークは従来の0.5mmから1mmに増加。より打鍵感が増している。

さらに、キートップやシリコンキャップなどあらゆる箇所が見直されており、打鍵音がより小さく打ちやすくなった。キーの安定性も高いものに変わっているためタイプが楽になっている。

搭載キーボード
MacBook Air(M1,2020) 13インチMacBook Pro(M1,2020) 13インチMacBook Pro(4ポート,2020) 16インチMacBook Pro(2019)
バックライトキーボード
・Magic Keyboard
・シザー構造
バックライトキーボード
・Magic Keyboard
・シザー構造
バックライトキーボード
・Magic Keyboard
・シザー構造

以前のバタフライ構造キーボードは、何度も同じキーが入力されたり、特定のキーが反応しないなどの故障報告が相次いでおり、Appleも発売から4年以内であれば無償修理に応じる 「MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム」 を提供している。また、浅めのキーストロークや甲高い打鍵音などに不満を訴えるユーザーも少なからずいた。

Magic Keyboardが搭載された初めて搭載された16インチMacBook Proが発売してから早くも半年近くが経つが、同キーボードに関する故障の報告はほとんど耳にしないことから、Magic Keyboardに関してはかなり信頼できるだろう。もはやキーボードで悩まされることはないはずだ。

バッテリー持ちについて

次はバッテリー持ちについて。Appleの公式発表によると、MacBook AirとMacBook Proの各モデルのバッテリー持ちは以下のようになっているという。

  MacBook Air(M1,2020) 13インチMacBook Pro(M1,2020) 13インチMacBook Pro(4ポート,2020) 16インチMacBook Pro(2019)
バッテリー容量 49.9Wh 58.2Wh 58.0Wh 100Wh
バッテリー持ち インターネット:最大15時間
ムービー再生:最大18時間
インターネット:最大17時間
ムービー再生:最大20時間
インターネット:最大10時間
ムービー再生:最大10時間
インターネット:最大11時間
ムービー再生:最大11時間

どうして上位モデルと下位モデルで大きくバッテリー持ちが違うのか。これは搭載するプロセッサがIntel製のものか、Apple製のものかによって異なるからだ。

Intelプロセッサを搭載したモデルは最大で12時間の駆動しかできなかったが、Appleが開発したプロセッサApple Silicon(M1チップ)搭載モデルはなんと最大20時間の駆動を実現している。

これまでMacBookは長くても半日しかバッテリーが持たず、外出先で使用するならほぼ確実に電源ケーブルを持って出かける必要があったが、今回登場したApple Silicon(M1チップ)を搭載したモデルについてはその心配をする必要はかなり少ないはず。

もちろんこれはあくまでもカタログ値で、実際に使用してみるとバッテリー持ちはもうちょっと短くなる可能性はあるものの、もしバッテリー持ちの良い製品を選びたいのであればApple Siliconを搭載したMacBook AirもしくはMacBook Proを選ぶべき、と言えるだろう。

ちなみにIntelプロセッサ搭載モデルを購入検討している方のための参考情報として、筆者の経験を話しておくと、MacBook ProはTouch Barのおかげもありおおよそ6〜7時間程度の駆動が普通だ。

MacBook Airは作業内容にもよるが最大10時間程度の駆動が可能。とある記者発表会にフルチャージしたMacBook Airを持っていき、取材~記事の作成、公開まで計6時間の作業をしてみたことがあったが、それでもまだ40%弱のバッテリーが残っていた。しかし、この作業をMacBook Proでできるかと聞かれたら正直厳しく、どこかのタイミングでバッテリーを充電する必要があった。

そのほか

そのほか細かい仕様として、それぞれのモデルで画面の質(最大輝度)、マイク、スピーカーの品質に違いがある。

また、M1チップを搭載した新型MacBook ProとMacBook Airのインカメラは従来から変わらず720p FaceTime HDカメラが搭載されているものの、Appleの最新の画像信号プロセッサ(ISP)により、優れたノイズ低減やより広いダイナミックレンジ、進化した自動ホワイトバランス機能、強化された顔検出により、カメラ品質が向上しているなど先代モデルとの違いもある。

  MacBook Air(M1,2020) 13インチMacBook Pro(M1,2020) 13インチMacBook Pro(4ポート,2020) 16インチMacBook Pro(2019)
画面輝度 400ニト 500ニト
マイク ・指向性ビームフォーミング
・3マイクアレイ
・指向性ビームフォーミング
・スタジオ品質の3マイクアレイ
・指向性ビームフォーミング
・3マイクアレイ
・高い信号対雑音比
・指向性ビームフォーミング
・スタジオ品質の3マイクアレイ
スピーカー ・ステレオスピーカー
・ワイドなステレオサウンド
・Dolby Atmos再生に対応
・ハイダイナミックレンジステレオスピーカー
・ワイドなステレオサウンド
・Dolby Atmos再生に対応
・ハイダイナミックレンジステレオスピーカー
・ワイドなステレオサウンド
・Dolby Atmos再生に対応
・フォースキャンセリングウーファー
・原音に忠実な6スピーカーシステム
カメラ性能 720p FaceTime HD
・ノイズ低減
・広いダイナミックレンジ
・進化した自動ホワイトバランス
・強化された顔検出
720p FaceTime HD

各モデルの価格

最後は価格について。MacBook AirとMacBook Proの価格は上位にいくにつれて高くなる仕組みになっている。MacBook Airよりも13インチMacBook Pro、13インチMacBook Proよりも16インチMacBook Proが高価だ。

  MacBook Air(M1,2020) 13インチMacBook Pro(M1,2020) 13インチMacBook Pro(4ポート,2020) 16インチMacBook Pro(2019)
価格(税別) 256GB:104,800円〜
512GB:129,800円〜
256GB:134,800円〜
512GB:154,800円〜
512GB:188,800円〜
1TB:208,800円〜
下位モデル:248,800円〜
上位モデル:288,800円〜

しかし、前述のとおり上位モデルにいくにつれて性能が高くなるという法則が崩れてしまっている以上、必ずしも高いお金を払うと高い性能がゲットできるとは限らず、むしろいまなら13インチMacBook Proの中でも上位モデルよりもエントリーモデルを購入した方が動作は快適である可能性がある。

注意しなくてはいけないのは、Apple Siliconを搭載したモデルは動作がまだ安定していない、もしくは対応アプリやサービスが限られる可能性があり、満足のいく作業環境が手に入らない可能性があるということ。そういう意味ではApple Silicon搭載モデルはコストパフォーマンスに優れるものの、一方でいまはまだ買い時ではない可能性もあることにぜひ留意していただきたい。

現在のMacBookのラインナップで重要なのは価格ではなく、使う用途や安定性。まずはそこを第一に購入するモデルを決めるべきだろう。

まとめ

以上が、現行のMacBook全機種の比較。どのモデルを購入するべきか決めることができただろうか。

もし、ここまでの説明でどのモデルを購入するべきか決められなかったなら、以下の場合分けが参考になるのではないだろうか。

MacBook Air(M1チップ搭載モデル)
ライトユーザーからミドルユーザー向け。メモやメール、TwitterやFacebook、YouTubeの視聴など一般的な作業に使用するユーザーに向くが、M1チップの性能によっては動画・画像編集も快適になる可能性も秘める。P3広色域に対応し、最大6K出力も可能になったことからプロレベルの作業もこなせるように。もし動画や画像の編集などをする機会が多いならば16GBにメモリ増量しておくといいかもしれない。バッテリー持ちも長いため、持ち運びする機会が多いユーザーにもオススメ。Touch ID搭載、Touch Bar非搭載。

13インチMacBook Pro (エントリーモデル)
ミドルユーザーからハイエンドユーザーにオススメ。メモやメール、TwitterやFacebook、YouTubeなど一般的な作業に加えて、+αの作業をするライトユーザー向け。ブログや画像編集もこなせる上に、プロセッサの性能向上によってプロレベルの高度な作業も可能なレベルに。バッテリー持ちも長いため、持ち運びする機会が多いユーザーにもオススメ。ただし懸念点としてApple Siliconへの移行によって利用できないサービスやアプリがある可能性があるため、メインデバイスとして使用するにはややリスクもあり。Touch ID、Touch Barともに搭載。Thunderbolt/USB4ポートは2ポート。

13インチMacBook Pro (上位モデル)
プロレベルの作業に最適。プロセッサの処理能力も高いため、何か作業をしながら他の作業をするマルチタスクを要求する場合に購入したい。画像編集にも十分使用できるが、複数枚のRAW画像現像や編集など高いグラフィック能力を必要な作業には少し厳しいと感じることもある。またグラフィック性能が底上げされていて、6Kの映像出力が可能になっている。13インチMacBook Pro (エントリーモデル)よりも数値上の性能は低いかもしれないが、安定して動作するためプロユーザーには安心の1台とも言える。Touch ID、Touch Bar搭載。Thunderbolt/USB4ポートは4ポート。

16インチMacBook Pro
CPU性能・グラフィック性能ともにハイスペック。主に高いグラフィックを要求する作業をする際に必要で、高解像度の動画や写真の編集に最適。大きな画面が必要な場合を除き、TwitterやFacebookなどのSNS、YouTubeなどを視聴する程度であればオーバースペック。Touch ID、Touch Bar搭載。大きくて重く持ち運びには不向き。

今回、新たにApple Silicon (M1チップ) を搭載したモデルが登場し、しかもM1チップは従来製品の何倍もの性能を持ち合わせているため、どのモデルがどのユーザーに最適というのを一言で表すのは正直かなり難しくなっていると感じている。

ただ確実に言えるのは、まだ対応アプリやサービスが少ないApple Silicon (M1チップ)搭載モデルを購入することをリスクと考える人ならば、これまで同様Intelプロセッサ搭載モデルを購入するのが最も安心だ。

いずれすべてのモデルがApple Silicon (M1チップ)搭載モデルに置き換わっていくだろうが、今後何ヶ月から数年でIntelプロセッサ搭載モデルのサポートが打ち切られることはないだろうし、安心を買うのは決して悪いことではないはずだ。しかもApple製品の初期モデルは不具合などに見舞われやすいというデメリットもあるため、個人的には今後2〜3年後にApple Silicon (M1チップ)搭載モデルにチャレンジするのが最も安心できるんじゃないかと考えている。

もしIntelプロセッサ搭載モデルを購入するのであれば、個人的には性能と価格、軽さ、コンパクトさをすべて併せ持つ13インチMacBook Pro(上位モデル)が最もオススメだ。税込で20万円以上するが、MacBook Pro(上位モデル)であれば数年後まで快適に使えるため、長期間にわたって使用するつもりなら同モデルを購入しておけばとりあえず間違いないと思う。サイズもMacBook Airと同じであるため、持ち運び性という点でも劣ることはほぼない。

16インチMacBook Proは高いCPU性能とグラフィック性能に優れたモデル。13インチMacBook Proで満足できないユーザーに最適で、動画編集するのにもってこいの性能になっているため、これからクリエイティブな作業をする機会が多い方にぜひオススメしたい。

Apple Silicon (M1チップ)搭載モデルは、Appleの次世代のMacをいち早く試したい方、もしくはいずれ徐々に使いやすくなっていくと考えて現状のリスクはさほど問題と思わない方にオススメだ。コンパクトモデルでありながら16インチMacBook Pro級の性能を得られる可能性がある、バッテリー持ちが長いなどメリットもあるため、もしApple Silicon (M1チップ)搭載モデルを購入しても作業的に困らないのであれば、今回の新しいMacを購入してみてもいいのではないだろうか。ちなみに筆者もApple Silicon (M1チップ)搭載モデルを購入してみたため、近いうちにレポート記事を掲載したいと思っている。

最後の決め手はあなたの使い方次第と予算。最適なMacを購入するためぜひ熟考を。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

MacBook Airと13インチMacBook Proの比較表

  MacBook Air(M1,2020) 13インチMacBook Pro(M1,2020) 13インチMacBook Pro(4ポート,2020)
画面サイズ 13.3インチ
画面 Retinaディスプレイ
広色域(P3)
True Toneテクノロジー
画面輝度 400ニト 500ニト
解像度 2,560 x 1,600ピクセル(227ppi)
Touch Bar ×
Touch ID
ストレージ(SSD) 256GB/512GB/1TB/2TB 512GB/1TB/2TB/4TB
CPU
GPU

256GBモデル
Apple M1チップ
・8コアCPU(高性能×4/高効率×4)
・7コアGPU
・16コアNeural Engine

512GBモデル
Apple M1チップ
・8コアCPU(高性能×4/高効率×4)
・8コアGPU
・16コアNeural Engine

標準搭載
Apple M1チップ

・8コアCPU(高性能×4/高効率×4)
・8コアGPU
・16コアNeural Engine

【CPU】
標準搭載
第10世代 Intel Core i5
・2.0GHz/4コア
・TB使用時最大3.8GHz
・6MB L3キャッシュ

※オプション
第10世代 Intel Core i7
・2.3GHz/4コア
・TB使用時最大4.1GHz
・8MB L3キャッシュ


【GPU】
Intel Iris Plus Graphics

メモリ 8GBユニファイドメモリ
※16GBに変更可能
16GB (3,733MHz/LPDDR4X)
※32GBに変更可能
外部ディスプレイ 最大6K/60Hz/1台まで
本体サイズ 幅30.41 × 奥行き21.24 × 高さ0.41〜1.61 cm 幅30.41 × 奥行き21.24 × 高さ1.56 cm
重量 1.29kg 1.4kg
通信 Wi-Fi 6 (802.11ax)
Bluetooth 5.0
Wi-Fi 5 (802.11ac)
Bluetooth 5.0
カメラ 720p FaceTime HDカメラ
ポート Thunderbolt 3(USB 4)ポート × 2 Thunderbolt 3(USB-C)ポート × 4
オーディオ ・ステレオスピーカー
ワイドなステレオサウンド
・Dolby Atmos再生に対応
・指向性ビームフォーミングを持つ3マイクアレイ
・3.5mmヘッドフォンジャック
・ハイダイナミックレンジステレオスピーカー
・ワイドなステレオサウンド
・Dolby Atmos再生に対応
・指向性ビームフォーミングを持つスタジオ品質の3マイクアレイ
・3.5mmヘッドフォンジャック
・ハイダイナミックレンジステレオスピーカー
・ワイドなステレオサウンド
・Dolby Atmos再生に対応
・指向性ビームフォーミングを持つ3マイクアレイ
・3.5mmヘッドフォンジャック
キーボード バックライトMagic Keyboard
シザー構造
1mmのキーストローク
逆T時型の矢印キー
トラックパッド 感圧タッチトラックパッド
バッテリー容量 49.9Wh 58.2Wh 58.0Wh
充電アダプタ出力 30W 61W
バッテリー持ち インターネット:最大15時間
ムービー再生:最大18時間
インターネット:最大17時間
ムービー再生:最大20時間
インターネット:最大10時間
ムービー再生:最大10時間
カラー ・ゴールド
・シルバー
・スペースグレイ
・シルバー
・スペースグレイ
価格(税別) 256GB:104,800円〜
512GB:129,800円〜
256GB:134,800円〜
512GB:154,800円〜
512GB:188,800円〜
1TB:208,800円〜

MacBook Airと16インチMacBook Proの比較表

  MacBook Air(M1,2020) 16インチMacBook Pro(2019)
画面サイズ 13.3インチ 16インチ
画面 Retinaディスプレイ
広色域(P3)
True Toneテクノロジー
画面輝度 400ニト 500ニト
解像度 2,560 x 1,600ピクセル(227ppi) 3,072 x 1,920ピクセル(226ppi)
Touch Bar ×
Touch ID
ストレージ(SSD) 256GB/512GB/1TB/2TB 512GB/1TB/2TB/4TB/8TB
CPU
GPU

256GBモデル
Apple M1チップ
・8コアCPU(高性能×4/高効率×4)
・7コアGPU
・16コアNeural Engine

512GBモデル
Apple M1チップ
・8コアCPU(高性能×4/高効率×4)
・8コアGPU
・16コアNeural Engine

【CPU】
512GBモデル

第9世代 Intel Core i7
・2.6GHz/6コア
・TB使用時最大4.5GHz
・12MB共有L3キャッシュ

1TBモデル
第9世代 Intel Core i9
・2.3GHz/8コア
・TB使用時最大4.8GHz
・16MB共有L3キャッシュ

※オプション
・第9世代 Intel Core i9
・2.4GHz/8コア
・TB使用時最大5.0GHz
・16MB共有L3キャッシュ


【GPU】
512GBモデル
iGPU:Intel UHD Graphics 630
dGPU:Radeon Pro 5300M(4GB GDDR6)

1TBモデル
iGPU:Intel UHD Graphics 630
dGPU:Radeon Pro 5500M(4GB GDDR6)

※オプション
dGPU:Radeon Pro 5500M(8GB GDDR6)
dGPU:Radeon Pro 5600M(8GB HBM2)

メモリ 8GBユニファイドメモリ
※16GBに変更可能
16GB (2,666MHz/DDR4)
※32GB/64GBに変更可能
外部ディスプレイ 最大6K/60Hz/1台まで 最大6K/60Hz/2台まで
本体サイズ 幅30.41 × 奥行き21.24 × 高さ0.41〜1.61 cm 幅35.79 × 奥行き24.59 × 高さ1.62 cm
重量 1.29kg 2.0kg
通信 Wi-Fi 6 (802.11ax)
Bluetooth 5.0
Wi-Fi 5 (802.11ac)
Bluetooth 5.0
カメラ 720p FaceTime HDカメラ
ポート Thunderbolt 3(USB 4)ポート × 2 Thunderbolt 3(USB-C)ポート × 4
オーディオ ・ステレオスピーカー
ワイドなステレオサウンド
・Dolby Atmos再生に対応
・指向性ビームフォーミングを持つ3マイクアレイ
・3.5mmヘッドフォンジャック
・フォースキャンセリングウーファーを備えた、原音に忠実な6スピーカーシステム
・高い信号対雑音比と指向性ビームフォーミングを持つスタジオ品質の3マイクアレイ
・3.5mmヘッドフォンジャック
キーボード バックライトMagic Keyboard
シザー構造
1mmのキーストローク
逆T時型の矢印キー
トラックパッド 感圧タッチトラックパッド
バッテリー容量 49.9Wh 100Wh
充電アダプタ出力 30W 96W
バッテリー持ち インターネット:最大15時間
ムービー再生:最大18時間
インターネット:最大11時間
ムービー再生:最大11時間
カラー ・ゴールド
・シルバー
・スペースグレイ
・シルバー
・スペースグレイ
価格(税別) 256GB:104,800円〜
512GB:129,800円〜
下位モデル:248,800円〜
上位モデル:288,800円〜
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。