iFixit、MacBook Air(2020)の分解レポート公開 キーボードの信頼性向上や内部のメンテナンスが容易に

現地時間3月25日、Apple製品の分解でおなじみのiFixitが、発売したばかりの新型MacBook Air(2020)の分解レポートを早くも公開した。レポートでは、大きな変更点となった 「Magic Keyboard」 のほか、内部構造の細かい変更点について紹介されている。

MacBook Air(2020)の分解レポートが公開

iFixitが公開したMacBook Air(2020)の分解レポートでは、まずは新たに搭載された 「Magic Keyboard」 について大きく取り上げられている。

補足:新型MacBook Airには、昨年発売した16インチMacBook Proに初めて搭載されたシザー式の 「Magic Keyboard」 が搭載された。以前のバタフライ構造キーボードは打ちづらさや故障率の高さが指摘されていたが、シザー構造になったことでこれらの問題を根本的に解決した形だ。

iFixitによれば、「Magic Keyboard」 は以前のバタフライ構造のキーボードに比べるとキーの厚さが0.5mm増えたことで、本体のウェッジ部分の傾斜が4.1mmから16.1mmに増えたようだが、その代わりにキーボードの信頼性が大きく向上しているとのこと。

以前のバタフライ構造キーボードにはシリコン膜があったが、今回は存在しない

また、トラックパッドのケーブル配置が変更されたことで、ロジックボードを外さずともトラックパッドを取り外せるようになったことも判明している。さらにバッテリーはこのケーブルの下に配置されているため、バッテリーの取り外しも高速化されるとのこと。メンテナンスのしやすさが一気に向上した。

恒例のリペアスコア(修理のしやすさ)は10点満点中の4点。前モデルは3点というとても低いスコアが付けられていたが、今回はトラックパッドならびにバッテリーへのアクセスがしやすくなったことが得点アップにつながったようだ。ただし、相変わらずSSDとRAMがはんだ付けされていること、キーボードがトップケースに統合されていることが影響したことが、4点という比較的低いスコアを獲得した要因だったようだ。

関連記事
【比較】MacBook Air(2020)とMacBook Air(2019)の性能・仕様を比較
【2020年最新比較】MacBook AirとMacBook Proの性能・機能を一挙比較 買うべきはどのモデル?

▼ Apple公式サイトでMacBook製品をチェック
MacBook Air
MacBook Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。