新型MacBook Air、ファンクションキーの機能割当が一部変更に。キーボード輝度調節が廃止されSpotlightやおやすみモードなどが追加

11月11日、Appleは新製品発表イベントを開催し、「M1チップ」 を搭載した新型MacBook Airを発表したが、同デバイスのキーボード上部にあるファンクションキーに一部変更が行われていることがわかった。

MacBook Airの一部ファンクションキーの機能割当が変更に

変更があったのはファンクションキーの 「F4」 「F5」 「F6」 の3つ。

以前までは 「F4」 にLaunchpadを開く、「F5」 にキーボードのバックライトを暗くする、「F6」 にキーボードのバックライトを明るくする機能が割り当てられていたが、今回から 「F4」 にSpotlight、「F5」 に音声入力、「F6」 におやすみモードが割り当てられるようになった。

これらの変更により、キーボードの輝度調節をファンクションキーからは調節できなくなってしまったものの、「macOS Big Sur」 では新たに 「コントロールセンター」 が用意されているため、今後はこのコントロールセンターで調節することになる。

また、キーボード左下の 「fn」 キーに新たに地球儀アイコンが搭載されていることも確認されている。同キーでキーボードの切り替えができ、これまでよりも絵文字などの入力がしやすくなることが予想される。

ちなみに、「fn」 キーの変更は新型 「MacBook Pro」 のキーボードでも確認されている。

関連記事
【2020年最新比較】MacBook AirとMacBook Proの性能・違いを一挙比較。オススメはどのモデル?Apple Silicon搭載モデル網羅
M1チップを搭載した新型MacBook Airが正式発表。スペック、仕様、価格、発売日などまとめ

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。