次期MacBook Airは2022年中頃に登場。ミニLEDディスプレイと複数のカラーラインナップを携えて

今年後半にミニLEDディスプレイを搭載した新型MacBook Proが発売すると予想されているが、これに続くかたちで、次期MacBook Airが2022年半ばに発売すると予想されている。ミニLEDディスプレイのほか、iMacのような複数のカラーラインナップが用意される模様だ。

この情報は、過去に米メディアBloombergの著名記者Mark Gurman氏やリーカーのJon Prosser氏も伝えているが、新たにTF International Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏も、最新レポートの中でこれらの人物と同様の情報を伝えている。

次期MacBook AirはミニLEDディスプレイ搭載、マルチカラー展開に?

Ming-Chi Kuo氏によると、次期MacBook Airは今年後半に登場予定の次期MacBook Proと、同様のフォームファクタを採用した “新デザイン” を採用するとのこと。現行のウェッジシェイプからフラットエッジなデザインに置き換えられ、ミニLEDディスプレイが搭載されるほか、新プロセッサを搭載することでパフォーマンスがさらに向上するとのこと。

MagSafeに関する直接的な言及はないようだが、次期MacBook Proと同様であれば新MagSafeによる充電が利用できるものと予想される。

そして、MacBook Airは複数のカラーラインナップが展開される予定。おそらく、iMacのような明るいマルチカラーが採用されるのではないだろうか。

Ming-Chi Kuo氏は、この次期MacBook Airが発表されたとき、Appleが現行のM1 MacBook Airの販売を継続するかは不明としているが、少なくとも次期MacBook Airは現行モデルとおなじ115,280円(税込)〜で販売されることを予想している。また、M1 MacBook Airを継続販売するのであれば、M1 MacBook Airは値下げされる可能性があるとも伝えている。

Apple Siliconを搭載した次世代型MacBookは、大きな注目を集めている。 M1チップの性能が想像以上に良かったことから、多くのユーザーがM1 MacBook ProやMacBook Airを手に取っていると聞くが、さらなる高性能ラップトップを求めるユーザーからは M1Xというさらに性能が高いチップを搭載したモデルの登場を期待されている。

とはいえ、M1チップの次世代プロセッサとなるであろう “M2” チップに期待するユーザーも多い。エントリー機としてとても優秀なMacBook Airにこの M2チップが搭載され、新デザインで刷新されるとすれば、MacBook Airは再び大きな脚光を浴びることになるかもしれない。登場時期は2022年半ばのようだ。

(via MacRumors)

関連記事
MacBook Air レビュー (M1, 2020) 高性能M1チップ搭載でAirがProを超える。バッテリー持ち大幅向上で1日いっぱい使えるように
MacBook Pro M1 レビュー | 私のMac、速すぎ…!熱くならないしサクサク動く不思議なMac。その実力を徹底検証

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。