【比較】MacBook Pro 16インチモデル、先代の15インチモデルからどう進化した?

11月13日、Appleは15.4インチMacBook Proを進化させた16インチMacBook Proを発表、同日から販売を開始した。

16インチMacBook Proは、従来よりも画面のベゼルが狭くなり表示領域が広くなっただけでなく、シザー構造の新しいMagic Keyboardや6スピーカーシステムが採用されるなど複数の変更が施された最新モデルだ。

当記事では16インチモデルが従来の15.4インチモデルに比べてどれほど進化したのかを比べてみたいと思う。

購入予算は確保したけど最後の購入に踏み切るための理由が欲しい方、もしくは新型の登場で安くなった15.4インチの整備済製品を購入しようと考えていて、新型とどれほど違いがあるのかチェックしておきたい方はぜひ当記事の比較をご活用いただければと思う。

画面サイズが大型化。15.4インチから16インチに

今回の新型モデルのひとつの特徴は画面の大型化。従来のMacBook Proの上位モデルは15.4インチの画面を搭載していたが、今回は0.6インチ大きくなった16インチの画面が搭載されるように。

この画面の大型化は画面周囲にあるベゼルを狭くするいわゆる”ベゼルレス化”で実現しており、端末サイズをあまり大きくすることなく成功している。

とはいえ、MacBook Proの場合は完全なるベゼルレスデザインになったわけではなく、あくまでベゼルがわずかに細くなっただけ。その証拠に画面四隅は四角のままで、iPad Proのように丸みを帯びた画面にはならなかった。ベゼルもまだ少しだけ削る余地があるため、今後の製品アップデートで更なるベゼルレス化は期待できそうだ。

ちなみに画面の大型化によって、解像度は3072×1920(226ppi)に変更されている。輝度は500ニト、P3高色域、True Toneのサポートは従来モデルと同様行われる。

  15インチMacBook Pro(2019) 16インチMacBook Pro(2019)
ディスプレイ 15.4インチRetinaディスプレイ
広色域(P3)
True Toneテクノロジー
16インチRetinaディスプレイ
広色域(P3)
True Toneテクノロジー
解像度 2,880 x 1,800ピクセル(220ppi) 3,072 x 1,920ピクセル(226ppi)

キーボードはシザー構造のMagic Keyboardに。故障率の低下に期待

16インチモデルは従来のバタフライ構造のキーボードから、新たにシザー構造のキーボード 「Magic Keyboard」 に変更されている。

バタフライ構造のキーボードは故障のしやすさや打ち心地の悪さなどが度々指摘されており、何度も内部構造が改良されてきた。それでも完全なる問題の解消には至っていなかったため、Appleも新しい構造のキーボードを開発せざるを得なかったのかもしれない。

  15インチMacBook Pro(2019) 16インチMacBook Pro(2019)
キーボード 第4世代バタフライ式キーボード 改良されたシザー構造のMagic Keyboard

今回のシザー構造の新キーボードはキーストロークが従来の0.5mmから1mmに増え、キートップやシリコンキャップなどあらゆる部品が見直されたことで、打ち心地やキー打鍵時の安定性が改善されている。

故障率に関しては分解レポートやユーザーからの報告などを待ちたいところだが、内部構造が完全に新しくなったことで、故障する機会が減った可能性が高そうだ。従来のキーボードに満足できなかった方は今回こそ購入すべきなのかもしれない。

さらに新キーボードは内部構造だけでなく、キーの配置に関しても変更が行われている。

もっとも大きな変化と言えるのが、Escキーが物理キーに変更されたことだろう。EscキーはこれまでTouch Barに内蔵される形で存在していたため、これに対してプロユーザーからの不満の声も多かった。今回の変更により、Escキーが格段に押しやすくなるはずだ。

右下の矢印キーは従来の配置ではなく逆T字型の配置に変更になっており、矢印キーを使うゲームやプログラミング時の行移動の操作がよりスムーズにできるように。矢印キーは特に上下の操作を行う際に誤操作してしまうことが多かったため、今後はそのストレスから解放されることになりそうだ。

今回のキーボードの変更は、MacBook Proの使用感を大きく変える1つの要因にもなり得る。正直この変更だけでも十分に 「買い」 と言えるほどの大きな変更になっているため、安くなった15.4インチの整備済製品の購入を検討している方は、その点はよくよく考えて購入していただきたい。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

Touch Bar・Touch ID

シザー構造キーボードに並んで大きな変化があったのがTouch Bar周り。

まずは前述したとおり、従来はTouch Barに内蔵されていたEscキーが独立し、物理キーに変更になったこと。また、このEscキーの分離に合わせるようにTouch IDのセンサーもTouch Barから離れた位置に置かれるようになった。

EscキーとTouch IDがTouch Barを挟むようなデザインになったことで、左右のバランスも良く、見た目の違和感はほとんど感じられない。配置場所はほとんど変わらないため、EscキーもTouch IDも従来と同じ感覚で使うことができるだろう。むしろ離れたことでTouch IDの位置が分かりやすくなった?

少し大きくなったMacBook Pro。重量は2.0kgに

これまで端末の薄型化・軽量化が推し進められてきたAppleだが、最近はその傾向もやや薄れ気味。

今回の新型MacBook Proも本体サイズが大きく、厚みも増えて、重量もちょっぴり増している。幅・奥行きともに約1cmくらい大きくなっており、厚みも1ミリくらい厚くなった。さらに大容量のバッテリーを搭載したせいか、重さはおおよそ170グラム増の2kg台に。持ち運ぶ際の負担がやや増えたと言える。

以前の15.4インチモデルとの比較は以下。

  15インチMacBook Pro(2019) 16インチMacBook Pro(2019)
本体サイズ 幅34.93 × 奥行き24.07 × 高さ1.55 cm 幅35.79 × 奥行き24.59 × 高さ1.62 cm
重量 1.83kg 2.0kg

端末サイズの大型化は画面の大型化 (15.4インチ→16インチ) が影響しているとみられる。

厚みが増した理由についてはおそらく前述の新キーボードのせい。バタフライ構造キーボードは薄い筐体内に搭載できるように開発されたものだったが、不具合や故障を連発させた問題を解決することができず、Appleはバタフライ構造キーボードをMacに搭載することを諦めた。

というわけで最終的にシザー構造キーボードを搭載したMacBook Proは、やや厚みが増してしまったというわけ。

プロセッサ

16インチMacBook Proは新型モデルではあるものの、内蔵プロセッサに関しては先代の15.4インチMacBook Pro(2019) から特に変わっていない。

  • 6コアIntel Core i7 (2.6GHz/TB使用時4.5GHz)
  • 8コアIntel Core i9 (2.3GHz/TB使用時4.8GHz)
  • 8コアIntel Core i9 (2.4GHz/TB使用時5.0GHz)

そのためプロセッサの処理性能については特段向上していないことになる。16インチMacBook Proの性能については今年5月に発売した15.4インチMacBook Pro(2019)のベンチマークスコア(下記)が役に立つだろう。

ちなみに16インチMacBook Proは冷却性能がアップグレードされているため、15.4インチMacBook Proよりも高い性能を発揮できる可能性がある。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

メモリ

16インチモデルの標準メモリは16GB。従来の15.4インチモデルも同じく16GBだったため、標準メモリを選択する場合は大きな変化はないことになる。

ただし、オプションで選択できる最大容量が32GBから倍の64GBに変更になったことで、これまでよりもメモリを大量消費する作業が快適にできるようになった。

写真や動画の編集はもちろん、3Dゲームや3DCGモデリングなどメモリ容量を必要とする作業をする機会が多い方は、ぜひ32GBもしくは64GBにメモリを増量しておこう。

グラフィック

内蔵プロセッサが旧モデルから変わっていない16インチMacBook Proだが、パフォーマンスという点において最も進化したのはグラフィック性能かもしれない。

16インチMacBook Proに搭載されているグラフィックスはRadeon Pro 5300M/5500M(4GB/8GB)。これは15.4インチMacBook Proに比べて最大で2.1倍近い性能。スペック上はPS4 Proに搭載されているGPUをも凌駕するグラフィックになっているとみられる。

ちなみに16インチMacBook Proのグラフィックのベンチマークスコアが一部判明しているので以下に掲載しておく。

ストレージ容量

16インチモデルの基本ストレージ容量は、先代の15.4インチモデルから倍に引き上げられている。

具体的には、下位モデルにあたる6コアモデルの最小容量が256GBから512GBに。上位の8コアモデルなら512GBから1TBに増加している。

また、これまでの最大ストレージ容量は4TBだったが、16インチモデルはその倍の8TBまで選択できるように。たくさんのデータをMacBook Proに保存しておきたいプロユーザーの方からすれば、これは嬉しい変更点だろう。

ただし、8TBものストレージ容量にアップグレードするには、512GBモデルで計算すると約26.5万円ものオプション代金が必要になる。これはMacBook Proがもう一台買えてしまうほどの金額になるため、本当に8TBものストレージ容量が必要かどうかはじっくり考えるべきだ。最近は大容量の外部ストレージも安くなってきている上に、クラウドストレージサービスも多数提供されているので、それらを利用するというのもひとつの手だろう。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

冷却システム

構成次第ではモンスタースペックにできる今回の新型MacBook Proだが、これほど高いパフォーマンスを発揮するには当然ながら排熱処理の機構もパワーアップが必要になる。

外部から見ることができない変更点にはなるが、16インチモデルは本体の冷却システムが改善されている。

内部のファンの通気孔や回転翼がより大きくなったことで、エアフローが28%改善。ヒートシンクも35%大きくなっており、従来モデルよりも効率良く排熱できるようになった。

これらの改善により、16インチモデルは従来に比べて最大12W以上もの電力を維持し続けることが可能に。高負荷な作業をする際にはパフォーマンスに大きな差が発生する可能性もありそうだ。

オーディオ

16インチモデルは楽曲制作や生配信などをするプロユーザーの方に大きな恩恵がある。なぜなら、スピーカーとマイクの性能が大幅に向上しているからだ。

16インチモデルには再設計された6スピーカーのハイファイサウンドシステムが新たに搭載されており、従来よりもワイドなサウンドを楽しむことができるように。従来までのスピーカーはあくまで通常のステレオサウンドだったため、音の品質は格段に向上していることが予想される。

また、スピーカーにはデュアルフォースキャンセリングウーファーが組み込まれており、音の歪みの発生原因になる振動を低減し、よりクリアで自然なサウンドを再生する。

このウーファーにより、半オクターブ下の低音も聞こえるようになるとのことなので、わざわざ自分で高音質なオーディオ環境を構築せずとも、気軽にMacBook Proで直接音を鳴らしながら楽曲制作ができるかもしれない。

さらにスピーカーだけでなくマイクの性能も大きく向上。プロ用の他社製マイクロフォンに匹敵するほど高音質な3マイクアレイが搭載されており、ヒスノイズを40%も低減、小さな音すら逃さないハイレベルな録音が可能になる。

YouTubeなどで公開する動画を作成したり、生配信をする際には、他の機材を用意せずともMacBook Proだけで満足のいく録音環境が構築できそうだ。

オーディオのクオリティに関しては文章で説明されてもしっくりこないとは思うので、気になる方はぜひApple Storeなどの店舗で実機を確認することをオススメする。

MacBook Proはどこで買える?

16インチMacBook ProはApple公式サイトで注文受付が開始されており、発売日は11月14日とアナウンスされている。

価格は248,800円(税別)から。ちなみにApple公式サイトでは24回払いで購入することができ、毎月11,403円(税込)の支払いで購入が可能だ。

最後に15インチモデルと16インチモデルのスペック比較表を掲載しておくので、詳細が気になる方はじっくり確認していただきたい。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
  15インチMacBook Pro(2019) 16インチMacBook Pro(2019)
デザイン
ディスプレイ 15.4インチRetinaディスプレイ
広色域(P3)
True Toneテクノロジー
16インチRetinaディスプレイ
広色域(P3)
True Toneテクノロジー
解像度 2,880 x 1,800ピクセル(220ppi) 3,072 x 1,920ピクセル(226ppi)
Touch Bar
Touch ID
Touch ID組み込み型のTouch Bar Touch ID分離型のTouch Bar
ストレージ(SSD) 256GB/512GB/1TB/2TB/4TB 512GB/1TB/2TB/4TB/8TB
プロセッサ

2.6GHz 6コアIntel Core i7 (Turbo Boost使用時最大4.5GHz)
12MB共有L3キャッシュ

2.3GHz 8コアIntel Core i9 (Turbo Boost使用時最大4.8GHz)
16MB共有L3キャッシュ

※オプションで以下に変更可能
2.4GHz 8コアIntel Core i9 (Turbo Boost使用時最大5.0GHz)
16MB共有L3キャッシュ

メモリ 16GB 2,400MHz DDR4
※オプションで32GBに変更可能
16GB 2,666MHz DDR4
※オプションで32/64GBに変更可能
グラフィック 下位モデル
Radeon Pro 555X(4GB GDDR5メモリとグラフィックス自動切替機能を搭載)
Intel UHD Graphics 630

※オプションで以下に変更可能
Radeon Pro 560X(4GB GDDR5メモリ搭載)

上位モデル
Radeon Pro 560X(4GB GDDR5メモリとグラフィックス自動切替機能を搭載)
Intel UHD Graphics 630

※オプションで以下に変更可能
Radeon Pro Vega 16(4GB HBM2メモリ搭載)
Radeon Pro Vega 20(4GB HBM2メモリ搭載)

AMD Radeon Pro 5300M/5500M(4GB GDDR6メモリとグラフィックス自動切替機能を搭載)
Intel UHD Graphics 630

※オプションで以下に変更可能
AMD Radeon Pro 5500M(8GB GDDR6メ‍モ‍リ搭載)

本体サイズ 幅34.93 × 奥行き24.07 × 高さ1.55 cm 幅35.79 × 奥行き24.59 × 高さ1.62 cm
重量 1.83kg 2.0kg
通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
カメラ 720p FaceTime HDカメラ
ポート Thunderbolt 3(USB-C)ポート × 4
オーディオ ステレオスピーカー
3つのマイクロフォン
3.5mmヘッドフォンジャック
6スピーカーシステム
スタジオ品質の3マイクアレイ
3.5mmヘッドフォンジャック
キーボード 第4世代バタフライ式キーボード 改良されたシザー構造のMagic Keyboard
トラックパッド 感圧タッチトラックパッド
バッテリー ブラウジング:最大10時間
ムービー再生:最大10時間
ブラウジング:最大11時間
ムービー再生:最大11時間
カラー シルバー/スペースグレイ
価格(税別) 販売終了(以下販売時の価格)
256GBモデル:258,800円〜
512GBモデル:302,800円〜
512GBモデル:248,800円〜
1TBモデル:288,800円〜
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。