【徹底比較】MacBook Pro(2018) 13インチと15インチモデルのどちらを買うべき?

7月12日、Appleは新型デバイス「MacBook Pro(2018)」を発表した。すでにApple公式サイトでは注文受付が開始されており、購入することが可能だ。

今回発表された新型「MacBook Pro」は、次世代プロセッサ「Coffee Lake」が搭載されるなどのマイナーアップデートモデルになっているのが特徴。

ただ、今回のアップデートはこれまでとは少し異なり、ユーザーの声が大きく取り入れられた。特にMacBook Proを仕事でもプライベートでも、とにかくハードに使うプロユーザーの要望が色濃く反映されているようだ。例えば、メモリが最大32GBまでサポートされたり、ストレージ容量が最大4TBになったりと、処理性能の向上に大きく力を割いたモデルに。

しかし、MacBook Proは決してプロユーザーだけのものではない。

どんなユーザーが買うべきなのか、また13インチモデルと15インチモデルのどちらを選ぶべきなのか。当記事では、新型モデルのスペックや仕様を詳しく見ていきながら、どんなユーザーがMacBook Proを購入するべきなのか検証していきたいと思う。

ちなみに、最新モデルが前モデル(2016年モデル)からどれくらい進化したのかについては、以下の記事で詳しく解説しているので、そちらも参考にしていただければと思う。

MacBook Proを必要とするユーザーはどんな人か

まずは「MacBook Pro」がどんな端末かを知ることが必要だ。

MacBook Proはその名の通り、Appleのラップトップ端末の中でもプロ向けの端末となっている。処理性能が高いのはもちろんのこと、写真や動画の編集などあらゆる作業に使われることが想定されたハイスペックマシーンだ。

また、搭載されている機能もほぼ全てが最新のもの。例えばMacBook Proのキーボードには「Touch Bar」というタッチパネル式のファンクションキーが用意されている。ここにはファンクションキーの他にも映像再生時にシークバーが表示されたり、WEBブラウジング中にはタブが表示されるため、タッチすることでMacを直感的に操作することができる。

また、Touch Barの隣には「Touch ID」という指紋認証機能が搭載されており、ログインがとてもスムーズ。対応するサイトではApple Payを使って決済することもできるなど、他のMacでは利用できない機能を使うことができる。

他にも、MacBook Proには便利な機能が多数搭載されているが、最も重要で知るべきなのは「MacBook Pro」であれば大抵の作業をこなせるということだ。処理性能に不満を感じることなく作業をできるという点では、プロユーザーだけでなく一般的なユーザーが購入するのは十分ありだろう。

13インチモデルと15インチモデルの違いを知る

「MacBook Pro」がどういう端末か分かったところで、次はMacBook Proには大きく分けて2種類のモデルがあることを知ろう。

その2種類は「13インチモデル」と「15インチモデル」。これらは画面の大きさによってモデル分けされているのだが、それ以外にも端末サイズの大きさや処理性能など多くのことが異なる。

それを簡潔に示したのが以下のスペック比較表だ。まずはこちらを確認していただきたい。

  13インチMacBook Pro(2018) 15インチMacBook Pro(2018)
ディスプレイ 13.3インチRetinaディスプレイ
広域色ディスプレイ(P3)
True Toneテクノロジー
15.4インチRetinaディスプレイ
広域色ディスプレイ(P3)
True Toneテクノロジー
解像度 2,560 x 1,600ピクセル(227ppi) 2,880 x 1,800ピクセル(220ppi)
Touch Bar
ストレージ
(SSD)
256GB・512GB・1TB・2TB 256GB・512GB・1TB・2TB・4TB
プロセッサ

2.3GHzクアッドコアIntel Core i5
Turbo Boost使用時最大3.8GHz

オプションで
2.7GHzクアッドコアIntel Core i7
Turbo Boost使用時最大4.5GHz
に変更可能

下位モデル
2.2GHz 6コアIntel Core i7
Turbo Boost使用時最大4.1GHz
9MB共有L3キャッシュ

上位モデル
2.6GHz 6コアIntel Core i7
Turbo Boost使用時最大4.3GHz
9MB共有L3キャッシュ

オプションで
2.9GHz 6コアIntel Core i9プ‍ロセッサTurbo Boost使用時最大4.8GHz
に変更可能

メモリ 8GB 2,133MHz LPDDR3
16GBに変更可能
16GB 2,400MHz DDR4
32GBに変更可能
グラフィック Intel Iris Plus Graphics 655 Intel UHD Graphics 630

下位:Radeon Pro 555X
上位:Radeon Pro 560X
外部ポート Thunderbolt 3(USB-C)ポート × 4
3.5mmヘッドフォンジャック
Thunderbolt 3(USB-C)ポート × 4
3.5mmヘッドフォンジャック
キーボード 第3世代バタフライ式キーボード 第3世代バタフライ式キーボード
本体サイズ 幅30.41 × 奥行き21.24 × 高さ1.49 cm 幅34.93 × 奥行き24.07 × 高さ1.55 cm
重量 1.37kg 1.83kg
価格(税別) 198,800円〜 258,800円〜

上記表をご覧になっていただければお分かりいただけるように、MacBook Proの13インチモデルと15インチモデルでは、15インチモデルの方が完全なる上位互換になる。

その中でも重要な違いを抜粋すると以下のようになる。

13インチモデルの特徴(15インチモデルとの比較)
・画面(作業領域)が小さい
・コンパクトで軽量級(1.37kg)
・プロセッサのコア数は4個
・最大RAM容量は16GB
・ストレージ容量は最大2TB
15インチモデルの特徴(13インチモデルとの比較)
・画面(作業領域)が広い
・プロセッサのコア数が6個
・端末サイズが大型で重量級(1.83kg)
・最大RAM容量は32GB
・ストレージ容量が最大4TB
・15インチモデルには独立GPUが搭載
・トラックパッドが大きい
・スピーカーの性能が高い

これを見てお分りいただけるように、「MacBook Pro」の15インチモデルは処理性能が高い代わりに、端末サイズが大きく重量もある。逆に、13インチモデルについては処理性能は15インチモデルには劣るものの、コンパクト・軽量であるため持ち運びに優れているという特徴がある。

その他にもトラックパッドの大きさが15インチモデルの方が大きかったり、スピーカー性能が15インチモデルの方が優れていたりという違いもあるが、基本的な機能は変わらないため、言ってしまえば両者の間には「スペックの違い」ぐらいしか存在しないことになる。

要は、スペックを求めるなら15インチモデル一択。画面が広い方がいい、プロセッサの処理能力が高い方がいい、グラフィック性能が高い方がいいなど。ユーザーの要望にどこまでも応えてくれるのはMacBook Proの15インチモデルだけだ。

ただし、スペックを上げていくと自ずと値段も上がっていくのが辛いところ。7月12日から販売が開始されているMacBook Pro(2018)の15インチモデルは、プロセッサやメモリなど全部のオプションを最大にした場合、価格はなんと731,800円(税込)となり、iMac Proを買っても10万円以上のお釣りがくるほど高価になる。もちろん、こんなモンスター級のMacBook Proを必要とするのは一部のユーザーのみで、一般的なユーザーはそこまで高い端末はいらないだろう。

ベンチマークスコアが早くも明らかに

ちなみに、「MacBook Pro(2018)」には次世代プロセッサの「Coffee Lake」が搭載されたが、同モデルのベンチマークスコアが明らかになっているので紹介しておきたい。

  2017年モデル 2018年モデル
シングルコア マルチコア シングルコア マルチコア
13インチ
Touch Barなし
4302 9081
13インチ
Touch Barあり
4203 8839 4448 16607
15インチ 4343 14375 4902 22316

このベンチマークスコアは新型モデルの発売前に突如Geekbenchに出現したもので本物かどうかは不明だが、発売直前に同情報が出てきたことや、Appleの発表通りプロセッサの処理能力(マルチコア)が13インチモデルで2倍、15インチモデルで最大70パーセント高速になっていることから同ベンチマークは本物である可能性が高い。

これが本物であれば、MacBook Pro(2018)の13インチモデルはマルチコアスコアが飛躍的に向上しており、MacBook Pro(2017)の15インチモデルよりも高速なプロセッサを搭載していることになる。

ベンチマークスコアについては筆者の方でも計測する予定。分かり次第、同数字を更新するつもりなので、それまでは上記数字はあくまで参考程度に捉えておいてほしい。

結論:どちらのMacBook Proを買うべきか

15インチモデルを購入するべきか、それとも13インチモデルを購入するべきかを決める境目は「どの程度のスペックがMacBook Proに必要なのか」だ。超ハイスペックな端末が必要ならそれは迷わず15インチモデルを選ぶべきで、そこそこ高いスペックで十分なら13インチモデルでも満足はできるだろう。

・ハイエンドなスペックを求めるなら15インチモデル
・コンパクトで性能の高い端末を手頃な価格で求めるなら13インチモデル

筆者の個人的な見解ではあるのだが、一般的なユーザーはMacBook Proの13インチモデルで十分とも考えている。

MacBookをWEBブラウジングやメール、YouTubeなどの各動画サイトでの動画視聴、ブログやTwitter、FacebookなどのSNSの利用、そのほかにも簡単な写真編集や動画編集であれば13インチモデルでも十分にこなすことができる。しかもこれらの作業をマルチでこなすことができるなど、13インチモデルもパワフルな端末であることは間違いない。

しかし、もし13インチモデルを快適に使いたいのであれば最低でもメモリの容量は16GBに上げて欲しいところ。8GB程度だと、複数の作業を同時にこなす際にアプリが途中で落ちたり、動作がもっさりし始めることがあるからだ。

では、15インチモデルを使うべき方はどんな人か。答えは割と簡単で、YouTubeにアップするための動画を毎日編集する方や生放送などの映像配信をする方、もしくは動画を作成したり画像を編集する機会の多い方など。特にグラフィック系の仕事をする方であれば、作業効率を高めるために15インチモデルを購入するのはアリ。いや、15インチモデルを買った方が良いだろう。

ちなみに、筆者は外出時のための端末としてMacBook Proを購入しているので、持ち運び性に優れている13インチモデルを使うのがとても好きだ。飛行機や新幹線など長距離移動の際に、前の座席からテーブルを倒してカタカタと仕事をする機会があるのだが、その際にテーブルの上をMacBook Proで埋めてしまうことがないため、かなり重宝している。もし筆者と同じように長距離移動をする機会の多い方や、カフェなどで仕事をする機会の多い方はMacBook Pro 13インチモデルを選ぶのもありなのではないだろうか。

前述したが、MacBook Proの13インチモデルと15インチモデルのどちらを買うかを決めるのはユーザーの使い方次第。あなたはどのような用途でMacBook Proを買う予定なのか。ぜひじっくりと検討して購入していただければと思う。

番外編:Touch Bar非搭載の13インチモデルは候補に入る?

MacBook Proファミリーには、13インチモデルのTouch Bar非搭載モデルが存在するが、こちらはTouch Barを搭載しない代わりに従来のファンクションキーを搭載したモデルとなっており、価格も安くバッテリー持ちが優れているのが特徴の端末だ。

今回の「MacBook Pro(2018)」の登場と同時にこちらもアップデートされるかと思いきや、Appleは同モデルのアップデートは実施しなかった。つまり、Appleは今後、同モデルを低価格モデルとして扱う予定なのだろう。

基本的な仕様は、Touch Barの有無の他にThunderbolt 3端子が2つと少ないことに加えて、プロセッサが第7世代と最新機種に比べて世代が1つ前のものが搭載されているため、処理性能はTouch Barありモデルほど高くない。もちろん、WEBブラウジングやメール、TwitterやFacebook、ブログなどの作業程度であればサクサクとこなすことができるが、動画編集や写真編集(RAWの現像など)となると少しばかりパワー不足感が否めない。

そのため、筆者の個人的な意見としては「MacBook Pro(Touch Barあり)」をお勧めするが、もしバッテリー持ちに優れた端末が欲しい、コストパフォーマンスに優れた端末が欲しい、もしくはそこまで高い性能の端末は必要ない、という方であれば「MacBook Pro(Touch Barなし)」の購入も視野に入ってくるかもしれない。

以下は、MacBook Pro(2017)13インチモデル(Touch Barなし)MacBook Pro(2018)13インチモデル(Touch Barあり)と比較した表だ。参考にしていただければと思う。

  13インチMacBook Pro(2017)
Touch Barなし
13インチMacBook Pro(2018)
Touch Barあり
ディスプレイ 13.3インチRetinaディスプレイ
広域色ディスプレイ(P3)
13.3インチRetinaディスプレイ
広域色ディスプレイ(P3)
True Toneテクノロジー
解像度 2,560 x 1,600ピクセル(227ppi) 2,560 x 1,600ピクセル(227ppi)
Touch Bar ×
ストレージ
(SSD)
128GB・256GB・512GB・1TB 256GB・512GB・1TB・2TB
プロセッサ

 2.3GHzデュアルコアIntel Core i5
Turbo Boost使用時最大3.6GHz
64MB eDRAM

2.3GHzクアッドコアIntel Core i5
Turbo Boost使用時最大3.8GHz
128MB eDRAM
メモリ 8GB 2,133MHz LPDDR3
16GBに変更可能
8GB 2,133MHz LPDDR3
16GBに変更可能
グラフィック Intel Iris Plus Graphics 640 Intel Iris Plus Graphics 655
外部ポート Thunderbolt 3(USB-C)ポート × 2
3.5mmヘッドフォンジャック
Thunderbolt 3(USB-C)ポート × 4
3.5mmヘッドフォンジャック
キーボード 第2世代バタフライ式キーボード 第3世代バタフライ式キーボード
価格(税別) 142,800円〜 198,800円〜
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。