MacBook ProとMacBook Air、Mac miniのCTOオプション(ストレージ容量)が一部値下げ

3月19日、Appleは新型iMacを発表すると同時にiMac Proに新CTOオプションを追加したが、その傍らでMacBook ProMacBook Air、そしてMac miniMac Proの一部CTOオプションを値下げした。

値下げが行われたのは、MacBook ProMacBook AirMac miniで選択できるストレージ容量のうち最大のもの(MacBook Proのみ例外あり)。MacBook Proの場合は4TB SSD、Mac miniが2TB SSD、MacBok Airが1.5TB SSDがCTOオプションとして選択できるが、これらが最大44,000円値下げされている。

また、Mac Proのメモリ容量についても最大容量64GBが44,000円値下げされている。それぞれの値下げ額は以下の通り。

  旧価格 新価格 値下げ額
MacBook Air 1.5TB 110,000円 99,000円 11,000円
MacBook Pro 2TB 132,000円 110,000円 22,000円
MacBook Pro 4TB 352,000円 308,000円 44,000円
Mac mini 2TB 132,000円 110,000円 22,000円
Mac Pro RAM 64GB 132,000円 88,000円 44,000円

これによって、それぞれのデバイスのフルカスタマイズ時の価格はMacBook Airが277,800円(税別)、Mac miniが397,800円(税別)、MacBook Proが726,300円(税別)に下がっている。

ちなみにここ連日、Appleは新製品を連続で投入しているが、MacBook Proのストレージ容量の価格に手が加えられたということは、新型MacBook Proが投入される可能性がなくなったということになる。本日中に新型iPod touchが発売となることが噂されているが、同新型モデルで新製品ラッシュは打ち止めとなるだろうか。

関連記事
iMacに新型モデル登場。初の6コアプロセッサが搭載、最上位モデルには8コアの第9世代Intelプロセッサが内蔵
【比較】新型iMac (2019) は前モデルから何が進化した?スペックを比較
iMac Proに256GBのメモリCTOオプションが登場 価格はなんと57万円
Apple、新型 「iPad Air」 発表 画面が10.5インチに大型化、Apple PencilとSmart Keyboardに対応
Apple、新型 「iPad mini」 発表 Apple Pencilに対応した待望の新型モデル
iPad、iMacに続き今度は新型iPod touchが登場へ 本日夜に新製品が投入か
【2019最新比較】新型「iPad Air」と「iPad mini」の違い・スペック徹底解説、買うならどっち?
【比較】新型iPad miniはどこが一番安い?主要3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で比較してみた
【比較】新型iPad Airを買うならどこが一番安い?主要3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で比較してみた

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。